一生に一度出会えるかわからない!?珍しい月の種類と名前を紹介!

スーパーブルーブラッドムーンを定点で撮って合成した写真 被写体を知ろう

2018年1月31日に日本では約35年ぶりとなるスーパーブルーブラッドムーンという非常に珍しい満月が観測できました。海外の一部地域ではなんと約150年ぶりの現象でもあったようです。

少年心をくすぐられるような名前ですが、この珍しさから子供だけでなく大人も大いに盛り上がったのではないでしょうか。

それではスーパーブルーブラッドムーンを始め、どのような月があってどのような名前で呼ばれているかを紹介していきます。また、満月にまつわる豆知識も合わせて紹介してきます。

月の種類と名称

月の呼ばれ方や起源は諸説あるためなかなか一概には言えませんが現在で最も一般的な呼ばれ方で紹介していきます。
いつごろ見られるのかも一緒に紹介するので今後の写真撮影や天体観測に役立ててください!

スーパームーン

山の上に浮かぶスーパームーンの写真

スーパームーンは月が地球に最も接近したときに満月もしくは新月になる現象のことです。

月は地球の周りを楕円軌道しているため、地球から月までの距離は約35万7000km~約40万6000kmで動いています。そのため、月が近いときの満月と離れているときの満月を比べると、距離は約5万km違い、大きさは14%大きく、明るさは30%も明るいのだとか。

頻度は、ほぼ14回ごとの満月がスーパームーンとなるのでおおよそ1年に1回おこるので毎年チャンスがある現象です。2018年だけを見ると1/2と1/31に起きているため非常に珍しい年でした。1/2と1/31では1/2のほうが若干地球に近かったため大きく見えました。

スーパームーンは計算でいつ出るか正確に計算できないため今後起きる日付が変わってしまう可能性があります。他の星の重力の影響も受けるため単純に出せないようです。ちなみに、月が地球に最も近づく距離は毎回同じではなく、ある程度距離が変わります。

 

逆に地球と月が最も遠くにあるときの満月をmicromoonというようですがあまり広まっていないようです。

ブルームーン

望遠レンズで撮られたブルームーンの写真

ブルームーンの定義はいくつかあるようですが現在の日本で最も一般的なのは同じ月に2回満月になる月の2回目の満月をブルームーンと呼びます。(実際に青い色をしているわけではありません)

満月の頻度は平均して約29.5日に1回なのでブルームーンの頻度は2~3年に1回程度おきます。希ですが2018年は1月と3月でブルームーンが見られ、2月には満月がないという珍しい年となりました。

日本のブルームーンの今後の予定をまとめました。
日(1回目)日(2回目)
20181231
3231
202010231
20238231
20265231
20291130
3130
203110130
20347231
20371231
3231

チャンスの年にはぜひ撮影に挑戦してみてください。

ブルームーンは実際に青い色をしているわけではないと紹介しましたが、空気中のちりや化学物質の影響で実際に青く見えることもあります。過去には1951年のカナダの山火事や、1991年のピナツボ火山の噴火後には実際に青い月が観測されたようです。ホワイトバランスを「蛍光灯」や「白熱電球」にすると簡単に青くできるためインターネットの写真が本物の青い月かどうかは判断できません。

ブラッドムーン

ブラッドムーンの写真

ブラッドムーンは皆既月食を表しています。月食は太陽-地球-月の順番で一直線になって月に届く太陽の光を地球でさえぎってしまう現象です。

月食になると地球の大気によって光が屈折して波長の長い赤い光だけが月に届くため「赤銅色(せきどうしょく)」に輝くようになります。

頻度は1年間に0〜3回ほど起きます。通常は年に2回見ることができますが稀に0回だったり3回みられる年もあります。

ブラッドムーンの見られる日程をまとめました。

日付種類詳細
2019年7月17日部分月食最大約60%の月食。四国、中国、九州、沖縄で観測可
2021年5月26日皆既月食日本全国で観測可
2021年11月19日部分月食
最大約98%の月食。北海道、東北は通常観測可。
それ以外は地平線と重なってしまう。
2022年11月8日皆既月食日本全国で観測可
2023年10月29日部分月食最大約10%の月食
2025年3月14日部分月食北海道で部分月食が観測可
2025年9月8日皆既月食日本全国で観測可。約1時間24分継続。

スーパーブルーブラッドムーン

超望遠レンズで撮影したスーパーブルーブラッドムーンの写真

スーパーブルーブラッドムーンは、「スーパームーン」と「ブルームーン」と「ブラッドムーン」が同時に起こったときの月です。

つまり、月が地球に最接近した1ヶ月間に2度目の満月であり、皆既月食が同時に起きたというとても珍しい現象なんです。

どの程度珍しいかというと、計算上では0.042%の確率で起きる現象であり、2380回の満月に1回、年で計算すると約265年に1度の確率となります。

スーパームーンの周期は計算で出すことができないため、次回はいつ起きるかわからないとっても魅力的な現象なんです!

月別の満月の呼び方

アメリカでは月ごとに満月の呼び方がつけられています。これはネイティブ・アメリカンが使っていた月の呼び方を使っているようです。

先人が月の動きで暦をつくっていたことから、日常生活に当てはめて名前を付けていたようです。

名称由来
1月Wolf Moon(狼月)/
Old Moon(古い月)
狼がお腹を空かせて遠吠えする時期
2月Snow Moon(雪月)/
Hunger Moon(空腹月)
狩猟が難しくなる時期
3月Worm Moon(芋虫月)/
Sap Moon(樹液月)
虫が出てくる時期/樹液が出る時期
4月Pink Moon(桃色月)/フロックスというピンクの花が咲く時期
5月Flower Moon(花月)花が咲く時期
6月Strawberry Moon(苺月)苺が熟す時期
7月Buck Moon(牡鹿月)牡鹿の角が伸びきる時期
8月Sturgeon Moon(チョウザメ月)チョウザメが大きくなり漁を始める時期
9月Harvest Moon(収穫月)/
Corn Moon(トウモロコシ月)
トウモロコシを収穫する時期
10月Hunter’s Moon(狩猟月)狩猟を始める時期
11月Beaver Moon(ビーバー月)毛皮にするビーバーを捕獲する時期
12月Cold Moon(寒月)冬の寒さが厳しくなる時期

まとめ

どれだけ珍しい現象でも曇りや雨では見られないこともよくあります。

観察できる場所で天気も良いとなるとさらに確率は低くなりますので、チャンスがあれば是非カメラを持って出かけてみてください!

チャンスを逃したら一生撮る機会訪れないかもしれません!

コメント