紫陽花を魅力的に写す撮影ポイントを紹介!雨の日でもアジサイを撮りに行こう

雨に濡れた水色の紫陽花 撮り方
あまり外に出たくなくなってしまう梅雨の時期、そんなときに見頃を迎える紫陽花(アジサイ)の魅力を紹介します。

雨やくもりの多い梅雨だからこそ良い写真が撮れるので雨の日でも撮りに出かけたくなってしまう魅力的な花です。

紫陽花は地域美化のために植えられていることも多いため、街なかでもよく見ることができるのでぜひ素敵な写真を撮りに出かけてみてください!

紫陽花(アジサイ)の基本情報

まずは紫陽花の開花時期やいろなどの基本情報を簡単にまとめたので確認していきましょう。

紫陽花(アジサイ)の開花時期

アジサイには様々な種類、品種がありますが、日本の「ガクアジサイ」が原種で西洋で品種改良された「セイヨウアジサイ」は日本全国でよく見ることができます。

例年、九州では5月下旬から開花し始めて6月に入ってから徐々に北上してきます。

関東地方では6月中旬ごろに開花し始めて6月下旬ごろに見頃を迎えます。

7月に入ると東北地方北部でも開花し始めて北海道では8月上旬に開花します。
地域
開花時期
見頃
九州
5月下旬~6月上旬6月上旬~6月下旬
四国
6月上旬~中旬
6月下旬~7月中旬
中国
近畿
中部
関東
6月中旬~下旬
6月下旬~7月中旬
東北
6月下旬(南部)~7月下旬(北部)
7月上旬~7月下旬
北海道
7月下旬~8月上旬
8月上旬~中旬

関東の梅雨入りは例年6月上旬なので梅雨入りと同じような時期に紫陽花も開花し、見頃を迎えます。紫陽花をみると雨をイメージする人も多いと思います。

花の色

花の色は植えられている土の酸性かアルカリ性(pH)によって変わります。

酸性だと青色アルカリ性だとピンク色になります。中学校の理科実験で使ったリトマス試験紙とは色の変わり方が逆になってます。

品種によっては色が変わらない品種もありますが、青やピンク、白、黄色など様々な色のアジサイを楽しむことができます。

紫陽花撮影のポイント

紫陽花の撮影は単調になってしまいやすいため、一風変わった写真にするためのポイントを紹介していきます。

雨の日の撮影や撮影後の保管方法などについては以下の記事で紹介しています。

カメラを雨から守る方法と雨を楽しむ撮影方法!雨の日もカメラを持って出かけよう!
地域にもよりますが季節の変わり目には天気が悪い日が続いたり雨の日が多いと感じますよね。 最近の機種は防塵、防滴などの機能を備えた機種も増えてきていますが、エントリーモデルのカメラには防滴機能がついていなかったりするため雨の中では撮影に...
放置していると大変なことに!?カメラやレンズのおすすめの保管方法!
カメラやレンズは高価なので取り扱いだけでなく、保管もしっかりして長く使いたいですよね。 デジタルカメラは精密機器ですので、湿気やホコリに非常に弱いです。 特にレンズは一生ものですので、大切に保管しましょう。 そこで今回は、カメ...

天気が雨やくもりの日がピッタリ

水たまりに反射したビル

紫陽花の撮影は天気が雨やくもりなどコントラスト(明暗の差)が大きくない日がオススメです。

梅雨の雰囲気をアジサイと一緒に表現することができ、花の魅力だけでなく日本らしい魅力的な写真に仕上がります。

コントラストを弱くするときにはピクチャーコントロール/ピクチャースタイルを「ポートレート」「ニュートラル」にすると柔らかく表現できます。

初心者でも簡単に写真の印象が変えられる!ピクチャーコントロール/スタイルで写真の仕上がりを変えよう!
もっと色鮮やかに撮りたい!もっとソフトに撮りたい!と写真の仕上がりに納得いかないことはないでしょうか。 明るさを変えてもイメージ通りの写真にならないときは写真の仕上がりの設定を1つ変えるだけで簡単に思い通りの印象にすることができるかも...
晴れの日でももちろん撮影できますが順光で撮ると「紫陽花らしさ」が少しなくなってしまうので逆光から撮るなどするといい感じになります。

明るく撮ってソフトに見せよう

明るく撮ったピンク色の紫陽花

晴れてる日など明るい場所では露出補正をプラスにして明るめに撮ってみましょう。

通常の設定だと思っている以上に暗い写真になってしまうため、特にピンクなどの暖色系の紫陽花を撮るときには明るさを意識しましょう。

ソフトフィルターを使うことでさらに温かみのある写真に仕上げることができます。

明るく撮りつつソフトフィルターも使ってみると今までと違った一枚になります。
露出補正機能を使って明るさを自在に操ろう!明るさを変えるべき被写体は?
カメラは基本的に自動で適切な明るさになるように設定してくれます。 しかし、撮影後に写真を見てみると思っていたより暗かった/明るかった、と思うときもありませんか? 露出補正を使えば簡単に思い通りの明るさで撮影できるようになります! 今回...

暗めに撮ってシックにまとめよう

ガクアジサイを暗めに撮った写真

今度は露出補正をマイナスに設定して撮影してみましょう。明るく撮ったときとはまた違った雰囲気の写真になります。

特に寒色系や濃い紫などの紫陽花を撮るときに暗めを意識すると引き締まった写真になります。

コントラストを強めることでより紫陽花を目立たせることができます。

ピクチャースタイル/コントロールを「風景」や「ビビッド」にすることでコントラストを強めることができます。

圧縮効果を活用しよう

青とピンクの圧縮効果のある紫陽花

紫陽花がたくさん並んでいるときには圧縮効果を使って様々な色や種類の花を入れて豪華な写真にするのもオススメです。

圧縮効果は望遠レンズで顕著に現れる効果で、遠くにある被写体同士の距離が短く見えるようになります。

圧縮効果についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
圧縮効果とは?望遠レンズの特殊な効果で寂しい世界も華やかに!ユニークに!
望遠レンズや広角レンズでは標準的な焦点距離のレンズでは現れない(現れにくい)様々な効果があります。 今回紹介する圧縮効果は特に望遠レンズで見ることができるユニークな効果です。 意外と身近な現象なので改めて知ると「確かにそうだ!」と思う人...

望遠レンズを使うとはボケやすくなるので前ボケを取り入れて写真全体の色合いを変えて表現することもしやすくなります。

紫陽花を副題にしよう

ハチと一緒に撮った紫陽花

紫陽花をメインに撮るのも良いですが紫陽花と一緒にカタツムリやハチなどの生き物、梅雨の風景を撮るのもまた一味違ったおもしろさがあります。

道端に咲いている紫陽花を写すときは全体の1/3を紫陽花に、2/3を景色にすることで3分割構図になり紫陽花と周りの風景をバランスよく写すことができます。

構図についてはこちらで詳しく紹介しています。

【写真25枚】基本構図10種類を紹介!構図を意識してステキな写真を撮ろう!
色々な場所に行って色々な被写体を撮っても毎回同じような写真になってしまう、と悩んでる人も多いのではないでしょうか。 センスがとびぬけてすごい人は別かもしれませんが何となくで撮っているとどうしても同じような構図で代わり映えのない写真が増...
紫陽花が何千、何万と咲いている名所では広角レンズを使うとまた違った風景を楽しめます!
おすすめの広角レンズを紹介!広角レンズの種類とユニークな効果とは?
無限に広がる海、壮大なお花畑、山の上から見るご来光などなど色んな場所に絶景は隠れてますよね。 広い範囲を写すためにスマホでパノラマ写真を撮ることもよくあると思います。 どこか出かけたりするとスマホの撮影や標準レンズでは写真に収まりき...

マクロ撮影もおもしろい

アジサイをマクロレンズで撮った写真

マクロレンズを使って思いっきり寄ってみるのもオススメです。普段は見ることのできない世界が広がっています。

手ブレしやすくピントもずれやすい撮影になるので三脚やレリーズを使って撮影しましょう。光の当て方によっても大きく印象を変えることができます。

マクロ撮影にはマクロレンズかクローズアップレンズを使いましょう。
マクロレンズとは?マクロレンズの効果と使い方!おすすめも紹介
小さいものを写したくて接写撮影に挑戦してみたけどピントが合わなくてうまくできない、なんて経験をした方も多いのではないでしょうか。 カメラの設定をいくら変更しても小さいものを大きく写すことはなかなかできません。大きく写すためにはレンズを変え...
手軽に安くマクロ撮影が楽しめる!クローズアップレンズを使って標準レンズでマクロの世界を楽しもう!
小さい被写体でも大きく写すことができるマクロ撮影は花などを普段とは違う目線で楽しむことができる楽しい撮影方法です。 マクロ撮影は基本的にマクロレンズを使用することで楽しむことができるようになります。 しかし、カメラを始め...

まとめ

梅雨だからこそ良い一枚になる紫陽花を撮ってみてはいかがでしょうか?

雨が嫌いな人も多いと思いますが雨だからこそ出かけて見てください!

ステキな写真とカタツムリなど生き物に出会えるかもしれませんよ!

コメント