【保存版】スマホカメラでかわいく撮るための3ステップ!スマホでも活用できるプロの技とは!

自撮りする2人の女性 スマートフォン

iPhone、Andoroidともにカメラの性能は上がってきているのに自撮りではうまく撮れない!どうやって撮ればきれいにかわいく撮れるの?という方も多いと思います。

今回はスマホできれいに撮るための設定やプロも使うポートレート撮影の方法の中でもスマホ撮影で生かせるテクニックを紹介していきます。

スマホの自撮りでお悩みの方は必見の内容になっていると思うので早速確認していきましょう。また、便利なアプリも一緒に紹介していきます。

ちなみに、スマホのインカメラで自撮りするとブサイクに写る原因と対策はこちらの記事でまとめているのでぜひご参考に!

スマホのインカメラで自撮りするとブサイクに写るのは本当?可愛く撮るための3つのポイント
お風呂上りやふとした瞬間など鏡で自分を見たときには、かっこいい!かわいい!や意外といけてる?と思うこともあると思います。 しかし、写真を撮ろうとしたときにインカメラにちらっと写る自分に、こんな感じなの!?と思ってしまうことありますよね。 ...

ポイント①明るめに撮ろう

明るさを調整して通常の明るさよりも明るめに撮ることで肌をよりキレイに写すだけでなく、暖かく優しい印象の写真に仕上げることができます。

明るく撮るときはカメラを起動して、暗い場所をタップすると明るくすることができます。ただしこの方法だと明るさが維持されなかったり思い通りにの明るさにならないことも多いので注意が必要です。

そんな時に便利な機能がAF/AEロックです。画面を長押しすることで明るさが固定されます。また、そこから明るさの調整もできるので様々な場面で活躍します。

やり方がわからない方はこちらで詳しく紹介しています。(スマホの設定項目まで飛びます)

AF/AEロックとは?ピントと露出を固定するメリット!スマホや一眼レフで使える便利な機能を紹介
AFロックやAEロックと聞いてもピンと来ない方も良いかもしれませんが、一眼レフだけでなくスマートフォンでも知っているととっても便利な機能です。 特にスマートフォンではフォーカスや明るさの調整が自動で行われるため、非常に便利です。 そ...

光の当たり方を意識しよう

光の当たり方によっても大きく印象が変わってくるので、撮影する時は光の当たり方にも注意しましょう。

順光の印象と特徴

スムージーを飲んでいる女性

順光で撮ると全体に光が当たって影ができないので明るさの調整がしやすく、全体の景色と一緒にキレイに写すことができます。

デメリットとしては、眩しい顔になってしまったり、タイミング悪く目を閉じてしまったり半目になってしまうことが良くあります。また、影ができないので逆光などとくらべて立体感が少なくなります。

基本的にはこの撮り方で撮る人が多いと思いますが、意外と注意が必要な撮り方ですね。

側光(サイド光)の印象と特徴

スムージーを飲もうとしている女性

横から光を当てて撮る時には光の当たっている部分と当たっていない部分の明るさが大きく変わるため、真っ黒な部分や、真っ白な部分ができやすいので難しい撮り方です。

その分、明るさの調節がうまくいけば自然な表情のまま華やかな一枚に仕上げることができます。

直射日光が当たるようなところではコントラスト(明暗の差)が強すぎるので、白とびや黒つぶれが起きてしまうため、光を弱めたりレフ板を使う必要があるので難易度があがります。

やわらかい雰囲気を出しづらくなってしまうのを防いで、お手軽にポートレートを楽しむためのポイントを確認していきましょう。

日陰になっている場所や曇りの日のほうが全体的にやさしい雰囲気で撮ることができます。
どんよりした雰囲気に感じるかもしれませんが、写真で明るめに撮ることでそのような雰囲気は一掃することができます。

逆光の印象と特徴

スムージーを作っている女性

逆光の撮影は明るさを調整すれば意外と簡単にいい写真が撮れるおすすめの撮り方です。

逆光で撮ると輪郭や髪がふわっと優しく光に包まれたような雰囲気が簡単に出すことができます。さらに、まぶしくないので太陽が出ている屋外でも表情をそのままに写すことができます。

ただし明るい場所で撮影するときは背景が白とび(明るすぎて真っ白になる現象)が発生してしまうので注意しましょう。

例えば、室内で撮るときに背景が窓の外だったり、太陽の位置が低くて西日の強いタイミングでは人と景色をうまく写せません。そんな逆光撮影でも背景とともにきれいに撮りたいときのポイントを紹介します。

そんな時はHDRを使いましょう!HDRは2枚以上の写真を合成して明るい場所も暗い場所もきれいに写す技術で、iPhoneのカメラにも標準装備されている機能です。うまくいかないときは試してみるのもおすすめです。

ポイント②小顔に写るテクニックを使おう

さらにかわいく、かっこよく写すためのテクニックを紹介していきます。

すでに知っている方も多いと思いますが写真を見ながらおさらいしていきましょう!

自撮りは斜め上から撮る

スーツを着て自撮りしている女性

スマホのカメラは広角レンズが使われていることが多いので広角レンズ特有の「パースペクティブ効果」が現れます。

この効果によってカメラから離れている部分が目で見るよりも小さくなりやすいので、自撮りするときに斜め上から撮ることであごのラインがシュッとして小顔効果が高まります。

逆にほかの人に撮ってもらうときには階段の下からなど、低い位置から撮ってもらうと体に対して顔が小さくなりやすいのでこの方法も小顔効果が期待できます。

顔のラインをフォローする

モデルから中高生まで幅広く活用されることの多い方法です。

手や髪の毛などで顔の一部を覆ったりすることで小顔効果を高めることができます。有名な方法をいくつか紹介していきます。

虫歯のポーズ

虫歯のポーズをしている女性

虫歯のポーズは今ではおなじみのポーズとなっていますが、顔に手を添えて輪郭を隠すことで小顔効果が期待できるポーズです。

最近ではピースサインをしながら顔に添えたりとバリエーションが増えてきています。

虫歯になったときに痛みから頬に手を添える格好に似ていることからいつのまにか「虫歯のポーズ」と呼ばれるようになりました。

小顔効果が見込めるだけでなく、自然にネイルなどもアピールすることができる一番お手軽に使える一方で有名になりすぎたことから飽きられてしまったりと一部の人に嫌がられることも少し出てきてしまったようです。

バリエーションを変えてワンパターンにならないように気を付けましょう。

腕に乗せる

肘枕をしている女性

うつぶせになって腕に顔を乗せたり、テーブルに突っ伏しているような形で自然に輪郭をフォローすることで小顔に見せることもできます。

使える場面がかなり限られますが、ほかの方法と違ってわざとらしさをなくすことができるので自然なかわいらしさを印象付けることができます。

顔を隠しすぎて表情が伝わらなくならないように注意しましょう。

髪を持ってくる

髪をいじっている外国人女性

髪を前に持ってきながら自然と顔の輪郭をフォローすることでおしゃれさとシュッとさを印象付けることができます。

モデルのように自然に髪をかき上げる動作の中で髪でフォローしたり、髪が自然と顔と重なるように斜めから撮ったりすることでもまた違った雰囲気を出すことができます。

大きいものと比べる

大きなタケノコを持っている女性

大きいものを顔の横に置くことで大きさの違いから驚きとともに自然な小顔効果を出すことができます。

そのとき、比較対象の大きいものを顔に思いっきり近づけるのもいいですが、少し前に出す(自分が一歩下がる)ことで、さらに遠近感をつけるようにすることで効果が倍増します。

等身大のマスコットキャラクターなんかと一緒に撮るとわかりやすいかもしれませんね!

もので隠す

マフラーを巻いている高校生カップル

持っているものやマフラーで顔の一部を隠したりすることでシュッと見せることもできます。

手を使うよりも自然にフォローすることができるので何かと使いやすい方法です。

腕を伸ばす・自撮り棒を使う

自撮り棒を使っているカップル

近ければ近いほど大きく見えて、離れれば離れるほど小さく見えるので自分からなるべく離して撮影することで自然と小さく見せることができます。

体とのサイズ比を気にするときは以下の2つのどちらかの方法で撮ってみましょう。

①上の方から撮って体をあまり写さない(明らかに顔が大きくなるように撮る)
②下の方から撮って体を大きく顔を小さく写す

この時も自撮り棒があるととても便利です。

ポイント③ポートレート機能やアプリを使おう

スマホの画面

ここからはカメラの機能やアプリの効果でより強力なエフェクトをかける方法になります。

やり方によっては明らかに編集された不自然な仕上がりになってしまう場合もあれば適切な設定にすることで自然体でありつつしっかりと盛れる写真に仕上げることができます。

iPhoneのポートレート機能を使う

iPhoneの標準カメラには「ポートレートモード」が標準で搭載されていて一眼レフやミラーレスなど本格的なカメラと同じようなボケ感を演出することができます。

自分のiPhoneにはない!?と思った方は以下の対象をご確認ください。
対象iOS:10.1以降
対象機種: iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus

残念ながら今でも人気のあるiPhone8やiPhone7ではこの機能は使えません。

使えるという方はぜひ活用してみてください。

おすすめアプリ

使いやすく評価の高いアプリを2つ紹介していきます。

どちらも無料ですが機能も豊富で非常に使いやすいと評判のアプリになります。

BeautyPlus

世界中で3億人が使っている王道の自撮りアプリで、iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

撮影する前から撮影後の印象が確認できるビューティカメラや撮影後でも細かい編集ができる編集機能、スタンプ、トレンドのメイク、豊富なフィルターなどが無料で使えます。

BeautyPlus - 撮影、編集、フィルター

BeautyPlus – 撮影、編集、フィルター

Meitu Technology, Inc.無料posted withアプリーチ

MakeupPlus

撮影後の印象が確認できるカメラ機能はもちろんのこと、様々なメイクを試すことができるので手軽自分の似合うメイクと似合わないメイクを確認することができます。

メイクだけでなくヘアカラーも変えることができるためBeautyPlusの手の届かない部分に届いてくれるアプリです。こちらも無料で使うことができるので好みで使い分けるのもいいですね。

MakeupPlus

MakeupPlus

Xiamen Meitu Technology Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

自撮りするときの便利グッズ

自撮りする方法を紹介してきましたが、自撮りに便利なアイテムをいくつか紹介していきます。

自撮り棒

ここまで紹介してきた通り自撮り棒を使うことで様々な場面で活用することができます。

さらに、片手でシャッターを押すときにスマホが動いてしまいうまく写真がぶれてしまったり、スマホを落としてしまったりしたことがある人もいるおと思いますが、そのようなことを防止することもできます。

こちらの自撮り棒はリモコン付き、さらに三脚にもなる優れものでお値段もリーズナブルです。まだ持っていないと方はぜひお試しください!

三脚

自撮り棒には三脚のように使えるものもありますので、手すりに設置できるような特殊な三脚を紹介します。

スマホのタイマー機能を使えば三脚にセットするだけでリモコンは必要なく撮影を楽しむことができるので安心です。

まとめ

今まで撮影がうまく行かなったという方は、「明るさ」「光の当て方」「写り方」を意識して、そこにアプリやポートレート機能などを加えていくイメージで撮ってみましょう。

近年スマートフォンのカメラ性能もどんどん良くなってきていて、今では2眼・3眼レンズのカメラも増えてきているので暗い場所での撮影など幅が広がっています。

合成技術の進歩でスマホでもボケ感を出すことができたり、ポートレートモードできれいに撮ったりすることもできるようになりました。

今回はスマホでも活用できる方法を紹介していきましたが、本格的な撮影も気になるという方はこちらで紹介しているのでぜひ確認してみてください!

ポートレートの撮り方と構図の効果とは?良くある失敗と対策を紹介!
いつでもどこでも家族や友人、恋人、モデルなど人を撮る機会はたくさんありますよね。 ただ、普通に撮ってもパッとしない写真になったり、最近はスマホの性能も良くなっているのでスマホと撮ったのとあまり変わらなかったりします。 そこで、今...

コメント