都内の桜の名所「目黒川の桜並木」を楽しもう!穴場スポットとキレイに撮るポイント

目黒川の橋の上から撮った桜 撮影スポット
桜の季節は全国でも桜祭りや花見が開催されますが今回紹介する中目黒の桜は人気ランキング1位にもなる名所です。

桜並木を見ながらお店で美味しい食べ物や飲み物を楽しむこともできるスポットですが、毎年人気すぎて予約を取るのも大変なんだとか。

今回はそんな中目黒の桜の雰囲気を紹介していきます。また、写真撮るのに必須なアイテムも紹介します。

中目黒の桜並木の基本情報

目黒川の地図

引用:めぐろ観光まちづくり協会

都心に広がる桜並木ですが、どれくらいの規模でどのようにアクセスするかなど基本的な情報を紹介していきます。

詳細マップは以下のページから確認することができます。
めぐろ観光まちづくり協会

中目黒の桜並木とは?

東急電鉄「池尻大橋駅」から京急電鉄「新馬場駅」付近まで目黒川に沿って植えられた桜並木が約4kmに渡って楽しめる名所です。

中目黒駅や五反田駅などからもすぐにアクセスすることができるので仕事の後に花見を楽しむことができるのも人気の理由の一つです。

夜にはライトアップもされますし周辺には公園もたくさんあるのでみんなで楽しむことができます。

都心の中に咲き乱れる桜並木は普段見る景色とのギャップを感じられる不思議な空間が広がります。

桜の本数と見頃

中目黒の桜のほとんどは有名なソメイヨシノで、約4kmほどの間に約800本もの桜が花を咲かせます。

東京のソメイヨシノは毎年3月下旬〜4月上旬に開花して、開花から約1週間で満開を迎えます。
桜の種類
ソメイヨシノ
本数
約800本
見頃
3月下旬〜4月上旬

イベントの開催期間と料金

期間限定でライトアップされた桜や桜まつりを楽しむことができます。出店なども立ち並ぶので食べ歩き、飲み歩きも楽しめます。

お祭りなのでもちろん参加費なんてなく見て楽しむだけなら全て無料です。

ライトアップ

夜にはライトアップされた桜並木を楽しむことができますが全区間で行なっているわけではありません。

南部橋~皀樹橋の約1kmの区間だけになるのでライトアップを楽しみたい方は注意しましょう。

期間
2019年3月23(土)~4月10日(水)
時間
17:00~21:00
区間
⑤南部橋~⑨皀樹橋

中目黒桜まつり

東横線中目黒駅降りてすぐ近くにある「目黒川合流点遊び場」で開催されるお祭りです。

地元の学校の吹奏楽部の演奏会や有志によるフラダンスやヒップホップなど様々なダンスや太鼓などなど様々なパフォーマンスが行われます。

全部で10~20分程度の出し物が10個以上も続けてやっており一日中楽しむことができます。

開催日
2019年4月7日(日)
時間
10:00~17:00
場所
目黒川合流点遊び場
内容
様々なパフォーマンス
雨天
延期

目黒イーストエリア桜祭り

目黒駅の近くにある目黒川にかかる目黒新橋から少し中目黒駅方面に歩くと会場の「田道広場公園」で開催されるお祭りです。

ステージや屋台なども開設されるので花見以外にも楽しい、おいしいを楽しめるお祭りになっています。

立地としてもほとんど必ず通る場所にあるのでぜひ立ち寄ってみてください。

開催日
2019年4月6日(土)、7日(日)
時間
10:00~19:00
場所
田道広場公園
内容
ステージパフォーマンス、屋台

交通・アクセス

都心での開催なので基本的には電車で簡単に行くことができます。

もちろんアクセスがしやすい中目黒駅はかなり混雑しますが、他の場所でも徒歩圏内です。

電車

東京メトロ日比谷線、東急東横線「中目黒駅」から徒歩すぐで桜並木の中心地にアクセスできます。

東急田園都市線「池尻大橋駅」からも桜並木の始まる場所の目の前なのですぐに行くことができます。

JR目黒駅からは徒歩約10分かかります。タクシーを使えばすぐに川沿いまで出ることができます。

目黒川周辺にはコインパーキングも数多くあるので車で行って散策することもできます。

Googleマップに目黒川周辺の駐車場を表示しているので確認してみてください。

中目黒の桜並木を楽しもう

それでは人気NO.1の桜並木がどのような雰囲気なのか紹介していきます!

人の多いイメージですが場所によってはゆっくりできるような場所もあります。

ライトアップを楽しもう

ライトアップされた目黒川の桜

毎年3月下旬から4月上旬までの約2週間、17時~21時まで夜桜のライトアップを楽しむことができます。

約1kmの間に5つの橋があるので橋の真ん中から写す左右に並ぶ桜の木はまさに絶景です。

鮮やかにライトアップされた桜の木と目黒川のコラボレーションは都心で撮られたものとは思えないよう写真になります。

特に中目黒駅周辺は人が多すぎて止まってゆっくり観賞することはできませんがゆっくりと流れながら見る夜桜も楽しいです。

昼間も桜が美しい

昼に撮影された目黒川の桜

ライトアップされていなくても左右に立ち並ぶ満開の桜は非常にキレイです。

特に平日は夜のライトアップされている時間帯よりも人が少ないのでゆっくりと散策することができます。

夜はどうしても人が多くてゆっくりできないので落ち着いて散策するときには昼がオススメです。ただし、満開の時の休日は昼からかなり混んでいるので注意しましょう。

ソメイヨシノは「さくら」のイメージよりも白いので昼に撮るときは彩度を強めることでイメージに近い写真にすることができます。

彩度を強くするためにはピクチャーコントロールを「風景」や「ビビッド」にしましょう。
初心者でも簡単に写真の印象が変えられる!ピクチャーコントロール/スタイルで写真の仕上がりを変えよう!
もっと色鮮やかに撮りたい!もっとソフトに撮りたい!と写真の仕上がりに納得いかないことはないでしょうか。 明るさを変えてもイメージ通りの写真にならないときは写真の仕上がりの設定を1つ変えるだけで簡単に思い通りの印象にすることができるかも...

食べ歩きも美味しい

焼かれた串焼き

特にライトアップされる区間では様々なお店が店先でテイクアウト料理や飲み物を販売しています。

お店の数も100店以上出ているので様々な国の料理がたくさん出ています。焼き鳥やピザ、ケバブなどありますし、飲み物もジュースや各国のビール、ワインなどたくさん好きなものが食べ飲みできます。

人の流れの中では大変という方も、駅周辺を抜ければ人が減ってくるので立ち止まることができます。

さらにゆっくりしたいときには川沿いから一本小道に入ると人がグッと減るのでおすすめです。

外で花見を楽しもう

出店などで買い出しをして外でゆっくり花見をしたいときにはライトアップ区間以外の遊歩道にイスが設置されている場所もあるのでそこに座って楽しむこともできますし、公園などで花見を楽しむことができます。

歩き疲れたら一息つきながら桜を楽しむのもオススメです。近隣住民の迷惑にもなるので注意事項はしっかり守りましょう。

注意事項

・トイレは指定の場所を使いましょう。
・ごみのポイ捨ては禁止です。
・大きい声や音を出すのは禁止です。
・指定された場所以外での喫煙禁止です。
・シート等での場所取り、宴会は禁止です。
・その他、マナーや一般的なルールを守りましょう。

お祭りを楽しもう

期間限定になりますが目黒川沿いの広場で「中目黒桜まつり」や「目黒イーストエリア桜祭り」が開催されます。

様々なパフォーマンスや屋台がでるので中目黒の桜並木をさらに盛り上げてくれます。

小さい子からお年寄りまで年齢にかかわらず地元の方々の楽しいおもてなしを満喫することができます。

写真を撮るなら知って得する情報

写真撮影に関するおすすめ情報を紹介していきます。実際に行ってみないと雰囲気がわからないと思うので事前に確認しておきましょう。

中目黒駅から離れた池尻大橋駅方面がオススメ

中目黒駅周辺は非常に混雑するので警備員が立ち止まらないようにと常に誘導しているので立ち止まってゆっくり撮影することができません。

五反田方面に行くと桜の木も少なくなってきてライトアップもなくなってしまいます。川幅も広くなってくるので都内の景色を見せつつ桜を見せたいときにはこちらがオススメです。

桜をメインでゆっくり撮影したいなら池尻大橋方面に歩いて行きましょう。

桜並木も中目黒周辺から続いており桜の満開さも全く変わりません。また、離れれば離れるほど人も少なくなるので橋の中心を確保しやすくなります。

もちろん他の方もいるので譲り合いの精神で臨みましょう。

中の橋の赤い橋が良い感じ

ライトアップ区間から外れてすぐにある「中の橋」は真っ赤に塗られた非常に目立つ橋で桜の花と一緒に撮ると非常に印象的な写真になります。

赤く塗られた橋は他にもありますが、アーチ状になっていて桜の中でもしっかり目立つのはこの中の橋だけです。

駅からも少し離れているので人は多いですが立ち止まってゆっくり撮影することができます。

昼でも夜でもこの鮮やかな赤い橋と桜のコラボレーションは絶妙です。

写真撮影ならこれを持って行こう

実際に写真を撮りに行ってあったらいいなと思ったものやあってよかった!と思ったものを紹介していきます。

撮影に行く前にはぜひ用意していきましょう。

ゴリラポッド

橋の真ん中から目黒川に向かって桜並木と合わせて撮る景色は素敵で必ず1枚は収めたい写真ですよね。

ただ、ライトアップされていても夜中の撮影は非常に暗いためシャッタースピードが落ちてしまいきれいに撮影することが難しいです。

ISO感度を上げればシャッタースピードを上げられますが画質が悪くなってしまいせっかくの素敵な写真ももったいない仕上がりになってしまうことがあります。

キレイに撮影するためには長時間露出撮影が必須になるので三脚が必要になりますが、人が非常に多い場所で三脚を出すのは他の人にも迷惑になるのであまり広げることができません。

そこでゴリラポッドのような三脚を使って橋の手すり等に固定することで気軽に長時間露出撮影を楽しむことができます。

このとき、水準器がついているものがオススメです。スマホでの撮影もこれを使えばきれいに撮影することができます。

明るいレンズ

手持ち撮影を気軽に楽しむなら明るいレンズがあると便利です。

被写界深度が浅くなるのであまり全体の風景写真には合いませんが、丸ボケを表現したり一点を見せたいときには明るいレンズがあると様々な撮り方ができるようになります。

望遠レンズは重く大きく、遠くを撮影する機会も少ないと思うので基本的には広角レンズ~標準レンズや明るいレンズがあると様々な撮影が楽しめます。
明るいレンズとは?単焦点レンズを使う5つのメリットとおすすめのレンズを紹介!
カメラを初めて買った人はカメラとレンズが一緒になっているレンズキットにした人も多いのではないでしょうか。 ずっと使っていると他のレンズもだんだん欲しくなってきますよね!そこで選択肢の一つにあがるのが単焦点レンズです。 今...

ストラップ

橋の上で撮影するときに手すりや地面に置いて撮影することもありますが、人にぶつかったり誤って落としてしまうことを避けるためカメラでもスマホでもストラップを付けるようにしましょう。

トラブルを避けられますし大事な私物が川に落ちてしまったり壊れてしまったらショックですよね。

人も非常に多いので安全をしっかり確保していきましょう。

まとめ

中目黒の桜はとても人気で人も多いですがそれでも行く価値のあるオススメのスポットです。

人が多いので荷物の量や撮影場所はしっかり考える必要がありますが、それでも撮ってよかったと思える写真が撮れます。

アクセスも非常によく気軽に楽しむことができるのでぜひ遊びに行ってみてください!

コメント