工場夜景を撮りに行こう!おすすめの場所と5つの撮影ポイント!

工場夜景の写真煙 撮り方

工場夜景は普段は見ることができない幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

天候や季節に大きく影響を受けないのでいつでも楽しむことができます

今回は工場夜景の撮り方をご紹介します。

撮影場所

工場夜景のイメージ図

工場夜景の撮影スポットは日本各地にあるコンビナートや工業地帯がおすすめです。

特に24時間稼働していて広い敷地に数多くの工場があり、夜でも明るく幻想的な写真を撮りやすいコンビナートがおすすめです。

日本には上の地図の赤字7地域、9箇所に15ものコンビナートがあります。

山の上からコンビナートが一望できる場所もあるので基本的には車での移動が良いでしょう。

撮影時期

工場夜景明かり

工場はほぼ1年中稼働しているため工場夜景も季節に関係なく撮影できます。

あえておすすめの時期を挙げるなら「冬」がおススメです。

おススメの理由

  • 早い時間から暗くなる
  • 人が少ない
  • 関東などでは天気のいい日が多い
冬は寒いためしっかりと防寒着を着込む必要がありますがゆっくりと撮影を楽しめます。

撮影ポイント

工場夜景と月

工場夜景の撮るときのポイントを紹介していきます。

絞りを絞ってパンフォーカスで撮る

工場夜景は撮影が夜になるのでシャッタースピードを確保するため絞りを開放して撮影したくなるところですが、絞りを開放すると被写界深度が浅くなりボケやすくなってしまいます。

工場夜景は一部を強調するというよりは工場全体を見せるイメージになりますので被写体がボケないよう絞りを絞って撮影しましょう。

ただし、絞りを開放すると近くに写る被写体がぼやけて目立たなくなるのでフェンスの近くから撮る場合などは絞りを意識してみましょう。

ISO感度を下げて画質を上げる

夜間の撮影ではISO感度を上げてしまうことが多いと思います。

しかし、ISO感度を上げてしまうと画質が劣化してしまい、特に夜間では劣化が目立ってしまいます。

ISO感度は100程度にして大きく上げないようにしましょう。

三脚レリーズを使う

絞りを絞ってISO感度を下げるため明るさはシャッタースピードを遅くして調整する必要があります。

手ブレやシャッターブレなどを起こさないように三脚とレリーズは必ず使いましょう。

固定して撮影する場合は手ブレ補正機能の誤動作を防ぐためOFFにして撮影しましょう。

初めてでも失敗しない三脚の選び方!自分に合った三脚に出会うポイントとおすすめの三脚を紹介
花火や星空、滝などの撮影でシャッタースピードを長くしたり構図を固定させたいときには三脚が必要です。 カメラを買ったら必ずと言っていいほど必要になるアクセサリーの1つです! 今回は三脚選びのポイントとオススメの三脚をご紹介していきます...
レリーズで撮れる素敵な写真13選!レリーズの種類とオススメを紹介!
三脚と同じくカメラを買ったら買いたいアクセサリーの1つリモコン/レリーズについて紹介していきます。 手ブレを抑える以外にも撮影の幅を広げることができる必携アイテムです! どんな撮影ができるようになるかも紹介してるので早速見ていきまし...

ホワイトバランスに気を付ける

工場周辺の外灯の色によって写真の印象は大きく変わります。

場合によっては全体が赤くなりすぎてしまったりすることもあるため、ホワイトバランスを調整して撮影してみましょう。

赤くなった場合には「AUTO」や「蛍光灯」「白熱電球」を選択することで印象を変えることができます。

ホワイトバランスを意識して写真の雰囲気を操ろう!色の持ってる力とは?
写真を撮るときの重要な設定の1つにホワイトバランスがあります。 同じ写真でも色合いが変わるだけ冷たく感じたり、暖かく感じたりと大きく印象が変わります。色が人間に与える影響はとても大きいと気が付きます。 今回は写真の印象に大きく影響を与え...

無駄を削って撮る

工場全体を写したいと言っても真っ暗な海や空の割合が多いとどうしても工場のスケール感や独特な雰囲気を伝えきれなくなってしまいます。

望遠レンズを使ったり近くから撮ったりと工場の写したい場所を絞って撮影することで、これを見せたい!という気持ちが伝わる写真になります。

まとめ

工場夜景は一年中楽しめる被写体のひとつです。

街中の夜景とはまた違った楽しさのある工場夜景を是非写真に収めてみてはいかがでしょうか。

コメント