雲海の出る3つの条件と撮影ポイント!日本の絶景を全力で楽しもう!

高所の岩場に座っている男性と雲海 撮り方

オーロラやダイヤモンドダストなど稀にしか見ることができない自然現象の1つに「雲海」があります。

出会える条件も難しく運の要素も強いですが一生に一度は見たい絶景の1つです!

今回は山間に現れる雲の海「雲海」の発生条件と撮影ポイントをご紹介します。

普段は山登りをしない方も雲海が見れそうなときを狙ってぜひ登って、見て、撮影してみてください。

雲海とは?

日の出直後の雲海

雲海は飛行機や標高の高い山から見下ろしたときに雲が海のようにあたり一面に広がる自然現象です。

山間部に霧や雲が発生すると標高の高い山の山頂付近だけがひょっこりと出るため、海に浮かぶ島々を連想させるような景色が広がります。
見られる時間帯も夜明け前~早朝にかけて見ることができるためブルーアワーやヴィーナスベルトと重ねて見ることができるのでより一層美しい景色が広がる神秘的な現象です。

日本国内でも全国様々な場所で見ることができる現象なのでシーズンにはツアーなども開催されたりします。

雲海の条件

雲海の出る条件イメージ

山で見られる雲海は空気中の水分が地表付近で冷やされて霧や雲になった水分が風がなく留まっているときに見ることができます。

冬の窓では外の空気に冷やされた窓ガラスに触った空気が冷やされて結露しますが、それと同じように空気中の水分が冷えるためには地面が冷やされる必要があります。

山頂付近になると空気を冷やすための地面が周りにあまりないため雲や霧にはならないことも多いので山頂近くは顔を出すことも良くあります。

大事な条件は「空気中の水分が多いこと」「夜中に気温がぐっと下がること」「風がほぼないこと」の3つです。1つずつ紹介していきます。

空気中の水分が多いこと

霧や雲になるために空気中に水分がたくさん含まれている必要があります。

春から秋にかけては日中暖かいため空気中に水分をたくさん含むことができます。

天気が回復していくときには空気中にたくさん水分が残っているので、天気予報で言うと低気圧が抜けるタイミングが一番良いです。(低気圧は天気が悪く、高気圧は天気がよくなります)

夜中に気温がぐっと下がること(日中との気温差が大きいこと)

気温がいっきに下がることで空気中の水分が雲や霧になりやすくなります。

一日で最も気温が下がる時間帯は夜明け前から明け方早朝なので雲海が見られるタイミングも日の出前後の早朝がチャンスになります。

特に、夜中の気温が下がっているとき上空に雲がないと放射冷却でさらに気温が下がります。

日中との温度差が10℃以上あると見られる可能性高くなるので季節としては春か秋が好ましいです。春や秋では寒暖差が15℃以上にもなることもあります。

昼間と夜中の気温差が大きいので体調を崩さないように十分注意しましょう。

風があまりないこと

放射冷却で気温が下がりやすくなるもう1つの条件は、風があまり吹いていないことです。

風によって地面や空気が温められてしまうことにため雲海が見れなくなってしまいます。

また、風が吹いてしまうと冷やされて雲や霧になっている場所が吹き飛ばされてしまって雲海なくなってしまいます。

条件まとめ

季節主に春と秋
時間帯夜明け前~明け方早朝
天気夜は快晴
湿度高い
気温最高寒暖差が10℃以上
気象低気圧通過後
場所盆地、山間部

全ての条件がそろう必要はありませんが、こんな条件がそろいそうなときに雲海を見に行くことで出会える確率が上がります。

シーズンとなる春や秋には条件をしっかり確認するようにしましょう。

雲海撮影のポイント

日の出直前の雲海

雲海を撮るときのポイントと行く前に準備しておくといいものを紹介していきます。

風景写真と基本的には同じなのでスマホなどのカメラでも撮影することができますが、より印象的に撮るにはやっぱり一眼レフやミラーレスがおすすめです。

広角レンズがオススメ

雲海は名前の通り発生するときは部分的に発生するのではなくあたり一面に広がります。

全体を写せる広角レンズが雲海の撮影に向いており見た感動を伝えられる1枚になります。

明るさに注意しよう

日の出前と後では被写体の明るさやコントラストが大きく変わります。

また、逆光か順光かでも印象が大きく変わるため明るさに注意して撮影しましょう。

明るさを微調整したい場合は露出補正機能を活用しましょう。
露出補正機能を使って明るさを自在に操ろう!明るさを変えるべき被写体は?
カメラは基本的に自動で適切な明るさになるように設定してくれます。 しかし、撮影後に写真を見てみると思っていたより暗かった/明るかった、と思うときもありませんか? 露出補正を使えば簡単に思い通りの明るさで撮影できるようになります! 今回...

ホワイトバランスを意識しよう

ホワイトバランスの設定がオートになっていると朝焼けの美しいオレンジもカメラが自動で白にしようと補正をかけてしまいます。

目で見た景色と比べて印象が大きく変わってしまう写真になってしまうので「晴天」やその時々の色味に合わせた設定にして「オート」は使わないようにしましょう。

ホワイトバランスについてはこちら

ホワイトバランスを意識して写真の雰囲気を操ろう!色の持ってる力とは?
写真を撮るときの重要な設定の1つにホワイトバランスがあります。 同じ写真でも色合いが変わるだけ冷たく感じたり、暖かく感じたりと大きく印象が変わります。色が人間に与える影響はとても大きいと気が付きます。 今回は写真の印象に大きく影響を与え...

ブルーアワーやヴィーナスベルトを意識してみよう

ブルーアワー、ヴィーナスバルトともに日の出前後に起きる現象で青やピンク、金色など刻一刻と色味が変わっていきます。

日の出、日の入りのタイミングでしか味わえない独特な世界を雲海という絶景が合わさって幻想的な世界を楽しむことができます。

詳しくは以下で紹介しているので興味のある方はぜひ見てみてください!

日の出や日の入り前後の美しい自然現象7選!普段は見られない色鮮やかな写真を撮ろう!
太陽の光は写真を撮るときに非常に大きな影響を与えます。時間帯や天候によって様々な色に染める太陽の光が楽しめます。 今回は日の出、日の入り前後の色鮮やかな現象やをいくつかご紹介していきます。 朝焼け、夕焼け 皆さんご存知のとおり日の...

結露に注意

明け方は気温が下がるためレンズが非常に結露しやすくなります。

せっかく雲海に出会えても結露で曇ってしまうともやっとした写真になってしまい印象が大きく変わってしまいます。

レンズヒーターなどを使って結露対策をしっかり行いましょう。

タイムラプスに挑戦してみよう

雲海の雲の動きはゆっくりですが、タイムラプス撮影をすることで雲の動きや雲海のできたり消えたりする時間を楽しめる動画になります。

設定さえしっかりしておけば置いておくだけで撮影できるので非常にオススメです。

まとめ

雲海を見るには運と根気が必要になりますが見ることができた時には感動する絶景が広がっています。

春や秋がシーズンになるので明け方の寒い中、山を登るのも大変ですが日の出と雲海を目指して挑戦してみてはいかがでしょうか。中にはロープウェイが動いている場所もあるようです。

是非人生一度は雲海を見に足を運んでみてはいかがでしょうか!

コメント