置きピンを使って動いてる被写体を確実に捉えよう!ピントを確実に合わせる撮影テクニックを紹介

飛んでいる白いハトの写真 撮り方

動いている被写体にうまくピントが合わせられずにちゃんと写真が撮れなかった、という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

運動会や飛んでいる鳥、動物や電車などの走っている被写体を撮る機会も多いと思いますが、動いている被写体を撮影するのは難しいですよね。

そこで今回は動いている被写体にピントを合わせるためのテクニック『置きピン』を紹介していきます。

置きピンとは?

走っている犬と水しぶき

置きピンとは、あらかじめ被写体が来る(来そうな)場所にピントを合わせておいて、被写体が来た瞬間にシャッターをきることで動いている被写体にしっかりとピントを合わせて撮影するテクニックの1つです。

特に動いている被写体に対して使うことが多いので多少の慣れと経験が必要になります。

動いている被写体にピントを合わせるテクニックとして、フォーカスモードを動いている被写体に追従させる「コンテニュアスAF」「AIサーボAF」などに設定することでもピントを合わせることができますが、カメラは撮影者の意図を汲み取ってくれるわけではないので思い通りの動作にならない可能性もあります。

ピント合わせが劇的に簡単になる!オートフォーカスの動作設定とフォーカスモード
写真を撮るときのピント合わせに苦労している人も多いのではないでしょうか。 動かない被写体であればゆっくりピントを合わせることもできますが動いている被写体にピントを合わせるのは難しいですよね。 そこで今回はオートフォーカスの種類とどん...

置きピンを使うことでより確実に思い通りにピントを合わせて自由自在に構図を調整することができます。

置きピンの使い方

初期の設定だとシャッターを半押しするとオートフォーカスが作動してピントを合わせようとしますが、この設定のままでは置きピンをうまく活用することができません。

事前にピントを合わせておいても、撮影するときに改めてピントを合わせる動作をしてしまうため、せっかく合わせたピントがずれてしまいうまく撮影できなくなってしまいます。

そこでピントがずれないようにする方法を2つ紹介します。

マニュアルフォーカスにする

マニュアルフォーカスボタン

マニュアルフォーカスにすることでシャッターを切るときもピントがずれる心配がなくなります。

ピントの微調整もできるのでオートフォーカスで事前にピントを合わせられないような場所や構図でもピントを合わせることができます。

マニュアルフォーカスに変える方法としてカメラ本体の設定をマニュアルフォーカスにする方法とレンズについているAF/MFスイッチをマニュアル(MF)に切り替える方法の2つがあります。

レンズの切り替えスイッチを変えるほうが楽に変えることができるのでオススメです。

親指AFを使う

親指AFのAFボタン

親指AFはシャッターの半押しでピントを合わせるのではなく、AFボタンを押してピントを合わせる設定です。

親指AFであらかじめピントを合わせておいて被写体が来たときにシャッターを押せばピントがずれることなく撮影できます。

マニュアルでピントを合わせずにオートでフォーカスしてくれるのでピント合わせも楽になります。

置きピン撮影のポイント

置きピンを使ってうまく撮影するためのポイントを3つ紹介します。

連写モードを使おう

スケートボードに乗っている少年の連射写真

置きピンを使ったとしても被写体が来たジャストタイミングでシャッターを押すのは難しいです。

タイミングのミスを少なくするために連写モードで撮影しましょう。

連写モードでの撮影では被写体が来たタイミングでシャッターを押すのではなく被写体が来る少し前から撮影を開始しましょう。

SDカードの性能によっては連続で撮影できる枚数に制限が出てきてしまう可能性もあるので肝心なタイミングで撮れなくなってしまうので注意しましょう。

最大書き込み速度180MB/sに対応した非常に高性能のおすすめSDカードです。

保存する形式によっては保存するデータの容量が非常に大きくなってしまうので、特に普段RAWデータを保存している方は設定に気をつけましょう。

高画質のまま編集できるRAWデータとは?JPEGとRAWのメリット・デメリット
画像ファイルにはJPEGやPNG、GIFといった形式があることを知っている人も多いと思いますがカメラでも撮った写真をどのような形式で保存するか決めることができます。 通常は最も一般的なJPEG形式で保存されていると思いますが画質を気に...

被写界深度を調整しよう

レンズ内の絞りの写真

絞りを変えるとピントの合う範囲「被写界深度」が変わります。

絞りを開放すると被写界深度が浅くなるので置きピンでもピント合わせがシビアになります。逆に絞りを絞ると被写界深度が深くなるのでピントが合いやすくなります。

絞りだけでなく、望遠レンズを使うと被写界深度が浅くなるので絞りを開放しすぎるとピントが非常に合わせにくくなるので注意しましょう。

絞りを絞りすぎるとピントは合いやすくなりますがシャッタースピードが遅くなり、ボケもあまり表現できなくなってしまうので置きピンのメリットが少なくなってしまいます。

あらかじめピントを合わせて撮影するので絞りを開放して動いている被写体でもボケを楽しめる写真にすると特別な1枚になります。
ボケをキレイに魅せる3つのポイント!ボケに合った被写体は?被写界深度が変わる理由
撮影に慣れてくるとボケをキレイに表現したり、逆にボケさせたくなかったりするときが出てくると思います。 今回は、ボケさせた写真を撮るための3つのポイントと、ボケさせない写真を撮るための3つのポイントをご紹介します。 今回紹介するポイン...

三脚、レリーズを使おう

望遠レンズを使うときや画角を変えたくないときには三脚とレリーズを使いましょう。

F値の小さいレンズや望遠レンズは被写界深度が浅くなりやすい(ピントの合う範囲が狭い)ため少しのずれも画質が悪くなる可能性が出てきてしまいます。

そんなときには三脚とレリーズを使って失敗を減らしましょう。

また、構図も安定するのでもし何か写したくないものが入ってしまっても最悪合成などで取り除くこともできます。
初めてでも失敗しない三脚の選び方!自分に合った三脚に出会うポイントとおすすめの三脚を紹介
花火や星空、滝などの撮影でシャッタースピードを長くしたり構図を固定させたいときには三脚が必要です。 カメラを買ったら必ずと言っていいほど必要になるアクセサリーの1つです! 今回は三脚選びのポイントとオススメの三脚をご紹介していきます...
レリーズで撮れる素敵な写真13選!レリーズの種類とオススメを紹介!
三脚と同じくカメラを買ったら買いたいアクセサリーの1つリモコン/レリーズについて紹介していきます。 手ブレを抑える以外にも撮影の幅を広げることができる必携アイテムです! どんな撮影ができるようになるかも紹介してるので早速見ていきまし...

まとめ

置きピンは電車、運動会、野鳥の撮影など様々な場面で使うことができるテクニックです。
動いてる被写体にキレイにピントが合わないときには是非活用してみてください!

撮影テクニックの基本

もっと見る

コメント