ピント合わせが劇的に簡単になる!オートフォーカスの動作設定とフォーカスモード

秋の機関車が奥から手前に向かってきている写真 カメラ
写真を撮るときのピント合わせに苦労している人も多いのではないでしょうか。

動かない被写体であればゆっくりピントを合わせることもできますが動いている被写体にピントを合わせるのは難しいですよね。

そこで今回はオートフォーカスの種類とどんな場面で役に立つか紹介していきます。

設定を変えることで動いている被写体にも連続でピントを合わせ続けることもできるようになります。

マニュアルフォーカスとオートフォーカス

望遠レンズと標準レンズを手に持ったおじいさんの写真

フォーカスには大きく分けてマニュアルフォーカスとオートフォーカスの2種類に大別することができます。

まずはこの2種類について簡単に説明します。

マニュアルフォーカス(MF)

マニュアルフォーカスはレンズについているピントリングを回すことで自由にピントを変更できます。

よくマニュアルフォーカス(Manual Focus)からMFと省略されることが多いので覚えておきましょう。

カメラの設定でもマニュアルフォーカスを選ぶことでオートフォーカスを解除することができますが、レンズでマニュアルフォーカスにセットしないとピントを変えられないことがあるので注意しましょう。

レンズでマニュアルフォーカスにすればカメラの設定はオートフォーカスにしたままでも問題なくマニュアルに変えることができることも多いです。

オートフォーカス(AF)

オートフォーカスは設定に応じて自動でピントを合わせてくれる機能です。通常の撮影であればこちらが使われることが多いです。

オートフォーカス(Auto Focus)からAFと省略されることが多いです。

レンズによってはオートフォーカスに対応しておらずマニュアルフォーカスにしか対応していないレンズもあるので注意しましょう。

今回はオートフォーカスの設定内容について詳しく説明していきます。

オートフォーカスの動作設定

カメラの上部のボタンや設定が確認できる場所を撮影した写真

オートフォーカスを動作させる設定を変更することもできます。

シャッターボタンの半押し

初期設定ではオートフォーカスを動作させるのにシャッターボタンを半押しすることでオートフォーカスを動作させます。

シャッターを押す直前にピントを合わせるのでスムーズにシャッターを押すことができます。

連射モードを使わずに何枚も撮影する場合は1回1回ピントを合わせなおします。

AFボタン(親指AF)

機種にもよりますが多くの一眼レフでは右手親指で押せる場所に「AF-ON」や「AF-L/AE-L」と書いてあるボタンが用意されています。

設定を変えることでこのAFボタンを押すことでオートフォーカスを動作させるようにすることもできます。

シャッターを押すときに1回1回ピントを合わせなおさなくて済むというメリットが出てきます。

タッチパネルフォーカス

タッチパネルを採用しているデジカメでは画面をタッチすることでタッチした場所にピントを合わせることができます。

スマートフォンのピント合わせと同じ機能で、感覚的にピントを合わせることができるので簡単に思い通りのピント合わせが可能になります。

フォーカスモードの設定

それではカメラの設定で決めることができるフォーカスモードの種類について説明していきます。

メーカによって名前は違いますが機能はほとんど同じなので参考にしてみてください。

AF-S(シングルAF)、ワンショットAF

オートフォーカスシングルのピント合わせイメージ図

AF-Sはオートフォーカスが動作したときに1度だけピントを合わせてくれる設定です。

シャッター半押しでAFが動作する場合には半押しをし続けていても1度ピントを合わせた場所から動くことはありません。

ピントを合わせ直したいときにはもう一度オートフォーカスを動作させる必要があります。

被写体が動かない風景写真の撮影などにおすすめのモードです。

AF-C(コンティニュアスAF)、AIサーボAF

オートフォーカスコンテニュアスモードのピントの合わせ方イメージ図

AF-Cはシャッター半押しやAFボタンを押し続けている間は、ピントを合わせた被写体の動きに合わせてピント位置を変えてくれる設定です。

被写界深度が浅くなる絞りを開放した撮影や望遠レンズを使用した撮影のときには特にピントが合わせづらくなります。

走っている電車や野鳥など動いている被写体を撮りたいときにオススメの設定です。

AF-A(オートAF)、AIフォーカスAF

フォーカスモードオートのピントの合わせ方イメージ図

AF-Aは自動でAF-SとAF-Cを切り替えてくれる設定です。

動かない被写体の場合にはAF-Sでピントを合わせて、動き始めてしまったらAF-Cに自動で切り替わってピントを合わせてくれます。

基本的にはこちらの設定にしておけばまず間違いないのでオススメです。

ただし、場合によっては意図しない動作をしてしまうかもしれないので注意しましょう。

AF-F(常時AF)

AF-Fはミラーレス一眼や一眼レフのライブビュー機能を使っているときに使えるモードです。

シャッター半押しや親指AFをしなくても常にオートフォーカスが作動してピントを合わせてくれる機能です。

スマホと同様の機能でピントを合わせにボタンを押す必要がないため楽ですが、意図しない場所にピントが合ってしまったりするので使いづらいこともあります。

MF(マニュアルフォーカス)

MFはオートフォーカスが動作しないようにする設定です。

機種にもよりますがカメラのフォーカスモードをMFの設定にしなくても、レンズをMFにセットすればマニュアルでピントを合わせることができます。

星空など明るさが少ない場合やマクロ撮影などオートフォーカスではピントが合わせられないときなどに便利です。

まとめ

オートフォーカスを動作させる方法はいくつかあるので自分に合った設定にしておきましょう。

カメラのフォーカスモードはいくつかありますが基本的にはAF-Aのモードで大丈夫です。

ただし、被写体によっては思い通りに動いてくれないこともあるので被写体や撮影場面によって設定を切り替えて使いましょう。

動いている被写体なんかを撮るときには特に設定を意識して撮影してみましょう!

カメラの基本設定・機能

コメント