初心者必見!写真の明るさを決める3要素の基本を解説

雨の中の電球の写真 カメラ

一眼レフやミラーレスでは今まで撮れなかったような様々な表現ができるようになります。

まずは写真の明るさを決める基本となる3要素についてご紹介していきます。

写真には色合いやコントラストなど様々な要素が含まれていますが明るさは非常に大事な要素です。

明るさを決める3つの要素

カメラを始めたばかりの方は全然聞きなれない言葉だと思いますが、写真の明るさは「絞り(F値)」「シャッタースピード(露出時間)」「ISO感度」の3つで決まります。

カメラには様々な機能がありますがまずはこの3つを抑えていきましょう。

絞り(F値)

絞りはレンズを通る光の量を調節するための仕切りです。

絞りを絞るほど暗い写真になって、絞りを開放するほど明るい写真になります。

絞り具合は「絞り値」や「F値」と表されて、値が小さいほど開放されて明るくなり、値が大きいほど絞られていて暗くなります。
絞りとは?写真の印象が大幅に変わる!絞りと明るさとボケの関係を解説
一眼レフやミラーレスを始めたばかりで最初に「絞り」という言葉を聞いたときに???と思う人がほとんどだと思います。 写真撮影においてこの絞りは非常に大事で今後も当たり前のように出てくる用語なのでしっかりと覚えておきましょう。 絞りとは...

シャッタースピード(露出時間)

シャッタースピードはカメラの眼ともいえるイメージセンサーに光を当てる時間を決める設定です。

シャッタースピードが長いほど明るい写真になり、シャッタースピードが短いほど暗い写真になります。

シャッタースピードが長すぎると手ブレが起きやすくなってしまうので注意が必要ですが、シャッタースピードを長くしたり短くしたりすることで色々なユニークな写真を撮ることができます。
シャッタースピードって何?露出時間を変えるとユニークな写真がたくさん撮れる!
写真を見たときに、どうやって撮ったの?CGとか編集?と思ってしまうようなユニークな写真を見たことがあると思います。 もしかしたらそのユニークな写真はCGでも編集でもなく、シャッタースピードを変えて撮られたものかもしれません。 今回は...

ISO感度

ISO感度は電気的に明るさを引き上げることができる機能で、ISO感度を大きくすればするほど明るい写真になります。

暗い場所でも明るい写真にすることができる便利な機能ですが大きくすればするほどノイズが出てきてしまい画質が悪くなってしまいます。

絞りもシャッタースピードも変えることなく明るくすることができますが使いどころが大事な機能です。
ISO感度とは?暗い場所でも明るく撮れる!画質との関係と設定の基本
デジタルカメラは暗い場所でも明るく撮ることができる魅力があります。 スマホの暗い場所での撮影では画質が悪くなってしまいキレイに見せられないという経験をした人も多いと思います。 実は一眼レフやミラーレスでもスマホと同じように暗い場...

3要素の明るさ以外の影響

明るさが変わる要素がなんで3つもあるの?と思った方もいるかもしれません。

そこで、それぞれの明るさ以外への影響を簡単にご紹介していきます。

ボケ(絞り)

絞りを変えることで明るさ以外にボケやすさも変わってしまいます。

絞りを開放するとボケやすくなり、絞りを絞るとボケにくくなります。
ボケをキレイに魅せる3つのポイント!ボケに合った被写体は?被写界深度が変わる理由
撮影に慣れてくるとボケをキレイに表現したり、逆にボケさせたくなかったりするときが出てくると思います。 今回は、ボケさせた写真を撮るための3つのポイントと、ボケさせない写真を撮るための3つのポイントをご紹介します。 今回紹介するポイン...

ぶれ(シャッタースピード)

シャッタースピードはブレやすさに影響してきます。

シャッタースピードが速ければブレにくくなりますが、シャッタースピードが長すぎるとブレやすくなってしまいます。

ノイズ(ISO感度)

ISO感度を上げ過ぎるとノイズが多く出てしまいざらざらしたような写真になってしまいます。

スマホなどイメージセンサーサイズが小さいと画質が悪くなりやすいですが、一眼レフやミラーレスでは多少あげても画質が悪くなりにくく暗いところでもキレイに撮りやすい特徴があります。
写真のノイズを理解して画質の劣化を防ごう!ノイズの種類と対策
写真には様々なことが原因でノイズが入り込んでしまいます。 ノイズには火の玉のように写るものや全体的にザラザラするようなものもあります。 それぞれの原因と対策を知っていればより思い通りの写真が撮れるようになります。 そこで、今回は代表的...

撮影モードを変えて簡単に調整しよう

カメラのオートモードではスマホのカメラと同じように「絞り」「シャッタースピード」「ISO感度」を自動でバランスよく設定してくれます。

しかし、オートモードでは自由に設定することができません。

撮影モードを絞り優先モード、シャッタースピード優先モードなどに変えることで設定を変えることができるようになります。

絞り優先では絞りを自由に決めて適切な明るさになるようにシャッタースピードを自動で変更してくれます。

シャッタースピード優先は、シャッタースピードを自分で設定して絞りを自動で設定してくれます。

自分の撮りたい設定で適切な明るさのまま気軽に簡単に撮れるのでおすすめの撮影モードです。

オートモードでは撮れなかった明るさを自在に操った撮影に挑戦していきましょう。
撮影モードを変えて思い通りの写真を撮ろう!撮影モードの特徴と設定の違い
普段みなさんはカメラを使うときどんな設定で撮影していますか? 始めたばかりの人は細かい機能がわからなくてとりあえずオートにしている人も多いのではないでしょうか。 オートでももちろん綺麗に撮れますが被写体によっては、思ってたのと違う、もっ...

まとめ

写真の明るさを決める3要素は、絞り、シャッタースピード、ISO感度です。

絞りはボケやすさ、シャッタースピードはブレやすさ、ISO感度はノイズに影響します。

全ての設定を自分で決めるのは大変なのでカメラが自動で一部を設定してくれるモードを活用しましょう。

「逆光でもキレイに撮りたい」「星空写したい」「クールに撮りたい」などなどオートでは撮れない新しい撮影に挑戦してみましょう!

カメラの基本設定・機能

もっと見る

コメント