最大撮影倍率と最短撮影距離とは?大きく写せるレンズの性能を確認しよう

花に留まった2匹のモンシロチョウを大きく写した写真 レンズ・アクセサリ

新しいレンズが欲しいと思ってもどのレンズを買っていいかよくわからないですよね。

ショップやメーカーサイトを確認しても難しい用語がたくさん並んでいて言葉の意味が説明されているのも一部だけで全部はわからないこともよくあります。

そこで、今回はレンズの中でも特にマクロレンズを見てみると必ず出てくる「最大撮影倍率」「最短撮影距離」についてご紹介していきます。

最大撮影倍率とは?

最大撮影倍率の違いによる撮影イメージ

最大撮影倍率は、簡単に言えば倍率が高ければ高いほど被写体を大きく写せて、低ければ低いほど被写体を小さくしか写せないことを表しています。

厳密に言えば被写体の実際の大きさとイメージセンサーに写る大きさの比率を表しています。

通常のレンズでも確認したほうがいいですが、特にマクロレンズの性能を確認するときに重要になります。

例えば、100円玉は直径22.6mmですが、最大撮影倍率が1倍の場合はイメージセンサーのサイズ(35mm判は34mm×24mm)に対してに22.6mmのサイズでしっかり写せるレンズということになります。

1/2倍(0.5倍)の場合に100円玉を写すとイメージセンサーには11.3mmの大きさまでピントを合わせて写せるということになります。

標準のレンズでは最大撮影倍率が0.1~0.3倍くらいなので、0.1倍の場合100円玉は2.26mmまでしか写せないので小さくなってしまいます。

イメージセンサーのサイズと最大撮影倍率の関係

最大撮影倍率とイメージセンサーの関係イメージ

イメージセンサーが小さいカメラのほうが大きいカメラよりも倍率が高いと思っている方もいるかもしれませんが、実は最大撮影倍率はレンズの性能なのでイメージセンサーのサイズとは関係ありません。

しかし、上のイメージ図のようにイメージセンサーが小さいと同じ倍率でも写せる範囲が狭くなるため、撮影された写真だけを見ると大きく写せているように見えてしまいます。

これはイメージセンサーの小さいカメラを使うと画角が狭くなって望遠になる理由と同じです。詳しくはこちらの記事で紹介しています。
一眼レフのイメージセンサーサイズはスマホの50倍!?センサーサイズを比較しよう
イメージセンサー(撮像素子)は写真の画質を決めるうえで最も重要な部品で、カメラの「眼」とも言える部品です。 画質はイメージセンサーのサイズだけでは決まりませんが、重要な要素の一つなので是非参考にしてみてください。 一眼レフ、ミラーレス、...

焦点距離と最大撮影倍率の関係

焦点距離と最大撮影倍率の関係イメージ

イメージセンサーサイズとは関係ないと言いましたが、最大撮影倍率は焦点距離にも関係ありません。

最大撮影倍率が1倍で同じ場合には上のイメージ図のように1倍よりも大きくなるまで近づくとピントが合わなくなってしまい撮影できなくなってしまいます。(焦点距離が変わると最短撮影距離が変わることに関係してきます。)

小さいイメージセンサーを使った場合と望遠レンズを使った場合で、撮影された写真が大きく写っているように見えるため勘違いしないように注意しましょう。

画角は焦点距離とセンサーサイズで決まる!焦点距離と35mm換算とは?
カメラのレンズに焦点距離という言葉がよく出てきますが、カメラを始めたばかりでは何のことかよくわからないという方も多いと思います。 そこで今回は焦点距離と、焦点距離に関係する画角の説明をしていきます。 また、焦点距離に合わせて35mm換算...

最短撮影距離とは?

最短撮影距離の説明イメージ図

最短撮影距離は、被写体にピントが合わせられてカメラが近づける最短距離のことです。短ければ短いほど近づいて撮影することができます。

撮影距離の基準はカメラ上部についているΦの形をした距離基準マークからピントが合っている部分までの距離になります。最短撮影距離で撮影した時に最大撮影倍率になります。

焦点距離が長い望遠レンズほど最短撮影距離も長くなるので室内などの狭い場所では自在に撮影できなくなるので注意しましょう。

焦点距離が200mmともなると最短撮影距離が2~3mとなるので大きく写したくても離れて撮影する必要があります。ピントが合わないときには少し下がるとピントが合うかもしれません。

逆に、最短撮影距離が短いレンズだとその距離まで近付かないと最大撮影倍率にならないので桜や梅などの離れた被写体の撮影が難しくなることもあるので気を付けましょう。

まとめ

レンズの仕様、性能を確認するときは、「最大撮影倍率」と「最短撮影距離」をきちんと確認しましょう。

最大撮影倍率が大きければ大きいほど被写体を大きく写すことができます。

最大撮影倍率と焦点距離によって最短撮影距離は変わりますが望遠であるほど距離が長くなり、広角であるほど距離が短くなります。

普段はあまり気にすることもないかもしれませんが、レンズを選ぶときにはしっかり確認して自分に合ったレンズを見つけてください!

コメント