シャッタースピードのBalbとTimeを使って露出時間を自在に操る!活用するべき被写体は?

芝生に置かれたアナログの目覚まし時計の写真 カメラ

シャッタースピードを自由に設定できるマニュアルやシャッタースピード優先モードを使い始めると「Bulb」と「Time」といった設定ができるようになります。

始めたばかりの方はどんな機能なのか、どのような場面で使うのかわからないと思います。

今回は長時間露出では必要になるBalbとTimeについてご紹介していきます。しっかり押さえておきましょう!

シャッタースピードについては以下のページで説明してます。

シャッタースピードって何?露出時間を変えるとユニークな写真がたくさん撮れる!
写真を見たときに、どうやって撮ったの?CGとか編集?と思ってしまうようなユニークな写真を見たことがあると思います。 もしかしたらそのユニークな写真はCGでも編集でもなく、シャッタースピードを変えて撮られたものかもしれません。 今回は...

シャッタースピードのBulbとTimeとは?

撮影モードをマニュアルやシャッタースピード優先に変えることでシャッタースピードを1/1000秒や15秒など自由に変えることができますが、1分以上と露出時間が長くなると設定がない機種が多いです。

長時間露出撮影するためのシャッタースピード設定としてBulb(B)モードとTime(T)モードというものがあります。一部の機種にはダイヤルを回して変更する撮影モードにBalb(B)モードがついているものもあります。

どちらも基本的には数秒~数分以上といった長時間の撮影に使うモードですので、基本的には三脚とレリーズが必要になります。

初めてでも失敗しない三脚の選び方!自分に合った三脚に出会うポイントとおすすめの三脚を紹介
花火や星空、滝などの撮影でシャッタースピードを長くしたり構図を固定させたいときには三脚が必要です。 カメラを買ったら必ずと言っていいほど必要になるアクセサリーの1つです! 今回は三脚選びのポイントとオススメの三脚をご紹介していきます...
レリーズで撮れる素敵な写真13選!レリーズの種類とオススメを紹介!
三脚と同じくカメラを買ったら買いたいアクセサリーの1つリモコン/レリーズについて紹介していきます。 手ブレを抑える以外にも撮影の幅を広げることができる必携アイテムです! どんな撮影ができるようになるかも紹介してるので早速見ていきまし...

Balbとは?

バルブ撮影のイメージ図

Balb(B)モードは、シャッターボタンを押し続けている時間が露出時間になるモードです。

ボタンを離すと写真が保存されるので長時間露出でなくても状況に合わせて自由自在に露出時間を変えられます。

レリーズのほとんどはシャッターボタンを押し込んだ状態で固定できるため、ずっと押しっぱなしにする必要もなく便利です。

Timeとは?

Time撮影のイメージ図

Time(T)モードは、シャッターボタンを1回押すと撮影が始まりもう1回押すと撮影が終わり写真が保存されます。つまり、シャッターを押す1回目と2回目の間が露出時間になるモードです。

これはボタンを固定できないリモコンやカメラと連動させたスマホなどを利用した長時間撮影をする場合に役立ちます。

手でシャッターを押してしまうとブレてしまう可能性があるのでレリーズやリモコンなどを使うようにしましょう。

ライブBulbとライブTimeとは?

ライブ機能はOLYMPUSが特許を取っており、OLYMPUSの一部機種にしか付いていない機能です。

BalbとTimeは上記の機能と同じですが、ライブ機能があるとBalbやTimeでの長時間撮影中に撮っている写真の状態を確認することできます。

普通の長時間露出では写真が保存されるまで明るさが判断できず明るすぎたり暗すぎたりしてしまうリスクがあります。

この機能があると花火や天体の撮影でもそのような失敗のリスクを大幅に減らすことができます。

ライブ機能を使うとノイズが出やすくなり多少画質が低下してしまうこともあるので注意しましょう。

BalbかTimeを活用したい被写体

長時間露出だけでなく撮影時間を被写体に合わせて自由にシャッタースピードを変更することができる「Blub」「Time」が活躍する場面を紹介していきます。

様々な場面で活躍するので次に紹介する被写体がうまく撮れないと思っている方は是非活用してみてください。

花火

いくつもの花火が写った写真

花火の撮影はバルブ撮影の定番です。打ち上げられる花火の数や種類によってシャッタースピードを自在に変えて適切な明るさに調整することができます。

スターマインや複数の花火が同時に打ち上げられるようなときにはシャッタースピードを短めにする必要があります。

あらかじめ明るい花火が来ることがわかっているときにはシャッタースピードを確保するために絞りを絞るかNDフィルターを付けておきましょう。

星空

長時間露出で撮影された星空の光跡の写真

上の写真のように星の軌跡を描くにはシャッタースピードを数分〜数十分にする必要があります。このような長時間露出では必ずBulbかTimeを使うことになります。

シャッタースピードを何時間にも設定して撮影するのは非常に難しく、基本的にはできないので数分程度の長時間露出で撮影した写真を何枚も合成して1枚の写真にする「比較明合成(コンポジット)」がよく使われます。

比較明合成(コンポジット)とは?普段は見られない幻想的な写真の撮り方!
上のような写真を見たことがある方も多いと思いますが、この写真は単純に長時間露出撮影で撮られたものではなく、比較明合成を活用して撮影された写真かもしれません。 比較明合成(コンポジット)と聞いてもどのような撮影方法なのかピンとこない方が...

軌跡を描く

手持ち花火でハートマークをつくった写真

花火や懐中電灯、ペンライトを使って絵や字を描くことができます。

描き終わったタイミングで撮影をやめる必要があるのでBulbやTimeが非常に便利です。

描くのは大変ですがハートマークなど簡単なものを試すのはおもしろいです。動物など複雑なものを描いて芸術作品にする方もいらっしゃいます。

人を消す

長時間露出で動いている人が透けている写真

露出時間を数分〜数十分にすることで動いている人や車を薄くしたり消したりすることができます。逆に動いてないもの・ひとはくっきり写真に残ります。

昼間の明るい場所でも長時間露出撮影をしたいときには減光フィルター(NDフィルター)を使うのがオススメです。

カミナリ

太くまぶしい雷の写真

シャッタースピードを遅くすることでカミナリを撮りやすくするだけでなく1枚の写真に複数のカミナリが写っているようにすることもできます。

カミナリの本数によって明るさを調整するのにもBulbかTimeモードが便利です。

まとめ

BalbとTimeは同じような機能ですが撮影機材や被写体などによって使い分けましょう。

長時間露出や自由にシャッタースピードを変えることで普段は見ることができないような景色や思い通りの写真を楽しむことができます。

シャッタースピードを遅くして露出時間を長くするときには三脚とレリーズが基本的には必須となりますので必ず用意しましょう。是非活用してみてください!

コメント