シャッタースピードって何?露出時間を変えるとユニークな写真がたくさん撮れる!

波乗りをしている人_シャッタースピードのアイキャッチ カメラ

写真を見たときに、どうやって撮ったの?CGとか編集?と思ってしまうようなユニークな写真を見たことがあると思います。

もしかしたらそのユニークな写真はCGでも編集でもなく、シャッタースピードを変えて撮られたものかもしれません。

今回は写真の明るさを決める3要素の1つ「シャッタースピード」についてご紹介していきます。
シャッタースピードを速くしたり遅くしたりすることで撮れるユニークな写真もいくつか紹介します。

シャッタースピード(露出時間)とは?

シャッタースピードの違いによる放水の写真

シャッタースピード(露出時間)は、シャッターを切るスピード(光を取り込む時間)のことです。

イメージセンサーに光を当てて(露出させて)シャッタースピードで時間を決めることから露出時間とも呼ばれます。

シャッタースピードを速くすると光を取り込む時間が短くなるので暗くなり、遅くするとたくさんの光を取り込めるので明るくなります。

また、シャッタースピードを速くするとブレにくくなり、遅くするとブレやすくなります。

シャッターを開いているときに動いた被写体がブレるのでシャッタースピードを遅くしてカメラを固定すると動いている被写体だけがブレます。

一部のコンデジやスマホ標準のカメラでは基本的にシャッタースピードはオートになっていて自由に変更することはできないことが多いです。

スマホではアプリを使うことで変更できるようになったり、コンデジも一部の機種は変更できる機種もあるようですが設定できる範囲が狭くて自由に変更できないことも良くあります。

そのため、シャッタースピードを変えた撮影は一眼レフやミラーレスの醍醐味と言えます!

手ブレと被写体ブレ

ブレには手ブレと被写体ブレの2つがあります。

どちらもシャッタースピードが遅い時に起きやすくなるので注意しましょう。

手ブレ

鳥のサギの撮影でシャッタースピードが遅すぎて手ブレしてしまっている写真

手ブレは、シャッタースピードが遅い時に撮影者の手の震えやシャッターを押したときのカメラのブレによって写真全体がブレてしまうことです。

写真全体がぶれてしまうと画質が大幅に悪くなってしまい良い写真とは言えない出来上がりになってしまいます。

手ブレのしやすさはシャッタースピードと焦点距離によって変わってきます。
望遠レンズのように焦点距離が長ければ長いほど手ブレしやすくなってしまい、焦点距離の短い広角レンズであればあるほど手ブレしにくくなります。

手ブレしないためのシャッタースピードは「35mm換算の焦点距離分の1秒以下」と言われています。

参考にいくつか表にまとめてみました。
APS-Cの焦点距離
フルサイズの焦点距離
手ブレしないためのシャッタースピード
18mm
27mm
1/30
35mm
53mm
1/60
70mm
105mm
1/125
200mm
300mm
1/300
焦点距離、35mm換算について詳しくは下の記事で解説しています。
画角は焦点距離とセンサーサイズで決まる!焦点距離と35mm換算とは?
カメラのレンズに焦点距離という言葉がよく出てきますが、カメラを始めたばかりでは何のことかよくわからないという方も多いと思います。 そこで今回は焦点距離と、焦点距離に関係する画角の説明をしていきます。 また、焦点距離に合わせて35mm換算...

手ブレの対策

手ブレを防ぐ方法は、シャッタースピードを上げることが一番シンプルな方法です。

シャッタースピードを上げるために絞りを開放したりISO感度を上げて撮影してみましょう。

カメラやレンズに手ブレ補正機能がついているものもたくさんあるので、この機能を使うことで上の表の「手ブレしないためのシャッタースピード」よりもさらにシャッタースピードを遅くしてもブレにくくなります。

また、三脚などを使ってカメラを固定したりレリーズを使ってシャッターを押す瞬間のブレをなくす方法も非常に有効です。

被写体ブレ

田んぼの用水路に設置されている水車が被写体ブレを起こしてしまっている写真

被写体ブレは、シャッターを開けている間に動いている被写体がブレてしまう現象です。

カメラをしっかり固定していてもシャッターを開いて光を取り込んでいる最中に被写体が動いてしまうとブレてしまいます。

手ブレは写真全体がブレるのに対して被写体ブレは動いたものだけがブレてしまうので、風などで被写体がブレてしまうような場合は風がやむまで待つか、シャッタースピードを速くするしか防ぐ方法がありません。

動いているものや動物などを撮るときは手ブレだけでなく被写体ブレが起きないか注意しましょう。

被写体ブレをあえて利用することで水の流れを表現したり次に紹介するユニークな写真を撮ることができるようになります。

シャッタースピードを変えてユニークな写真を撮ろう!

時には速く、時には遅くすることで幻想的でユニークな写真と撮ることができます。

ここで紹介する以外にもアイデア次第でおもしろい写真が撮れるのでぜひいろいろな撮影に挑戦してみてください。

流し撮り

バイクレーサーの流し撮り写真

流し撮りは動いている被写体に合わせてカメラを動かしながら撮ることで躍動感を表現することができる撮影方法です。

条件にもよりますがシャッタースピードを1/30~1/120秒程度に設定することでうまく撮ることができますが、シャッタースピードが遅すぎると撮影も難しくなります。

光跡

街中の長時間露出撮影で車の光跡が輝く写真

シャッタースピードを遅くすることで夜の暗い時間でも明るく写すことができます。

また、車のランプなどの動く光源は線として残るのでユニークな写真にすることができます。

夜に手持ち花火やライトで空中に文字や絵を描くこともできるので是非試してみてください。

ミルククラウン

シャッタースピードを速くして撮った水が水面に落ちた時のミルククラウン

シャッタースピードを早くすることで水滴もしっかりと写すことができます。上の写真のように小さい被写体を大きく写したいときにはマクロレンズやクローズアップレンズを使いましょう。

雨や滴る水滴もシャッタースピードを変えることで点にも線にもできるので様々な表現ができます。

星空ぐるぐる

長時間撮影による北極を中心にした星の光跡写真

シャッタースピードを長くすることで星空などの暗い被写体でも明るく撮ることができます。

地球は回っているので星が少しずつ動いているように見えます。長時間露出撮影では動いている車のライトが線として残るように星を線にすることもできます。

シャッタースピードが非常に長い長時間露出撮影は外乱の影響で台無しになってしまうこともあるので難しい撮影方法でもあります。

露出間ズーミング

自然の中の道路で露出間ズーミングして撮った写真

シャッタースピードを遅くして撮影している最中にレンズを動かしてズームすることで集中線のような形で被写体を強調することができます。

あまり使いどころはないかもしれませんがこんな撮り方ができるのも一眼レフやミラーレスのおもしろいところですね。

まとめ

シャッタースピードを早くすると暗くなりますがブレにくくなり、逆に遅くすると明るくなりますがブレやすくなります。

ブレには手ブレと被写体ブレがあるので被写体によってシャッタースピードを調整しましょう。

シャッタースピードを速くしたり遅くしたりすることで普段は見ることができないユニークな写真にすることができます。

長時間露出で撮影するときは、三脚とレリーズが必要になりますので準備して撮影に臨みましょう!

カメラの基本設定・機能

もっと見る

コメント