親指AFとは?自由に構図をつくれて高速撮影もできる超便利な撮影方法を紹介

カメラの液晶に映った景色 カメラ

一眼レフに慣れてくると様々な構図での撮影や動いているもの、小さいものなど様々な撮影に挑戦しますよね。

そんな時にシャッターボタンを押してピントを合わせてるとピントや構図が思い通りにならなかったり、時間がかかってしまったり、何かと不便だと思う機会も出てくると思います。

特に鳥や電車など速く動くものや小さいものをマクロ撮影するときなど、シャッターボタンを押しての撮影は難しいです。

今回紹介する「親指AF」を使うことで構図やピント位置も思い通りに決められるだけでなく、撮影速度も非常に速くなります。

それではさっそく見ていきましょう!

親指AFとは?

カメラの上から見た写真

初期の設定ではシャッターを半押しするとオートフォーカスが作動してピントを合わせてくれます。

親指AFは設定を変更してフォーカスボタン(AF-ONやAF-L)を押したときにオートフォーカスが作動してピントを合わせる機能のことです。

フォーカスボタンはほとんどの機種で右手親指で簡単に押せる位置にあるので一般的に親指AFと言われています。

親指AFの動作は基本的には半押しシャッターと同じです。

  • AFボタンを押すとAF起動
  • AFボタンを離すとピントを固定

親指AFを使うことで連続で撮影するときに高速で撮影できるようになったり、構図を簡単に自由に変えて撮影できるようになるなど、様々なメリットがあります。

親指AFのメリット

それでは親指AFのメリットを使ったときのメリットを紹介していきます。

連続で撮影するときに撮影が速くなる

親指AF使用イメージ

通常の半押しAFでは撮影のたびにオートフォーカスが作動してしまうので撮影に時間がかかってしまいます。

また、オートフォーカスでは思い通りの場所にピント合わないこともあるので連続で撮るときには不便と感じることもあります。

親指AFに変えることでオートフォーカスの手間がなくなるので撮影スピードを大幅に上げることができます。

構図を整えるのが楽になる

設定にもよりますが基本的にオートフォーカスは中心にある被写体にピントが合いやすいですが、中心に被写体を置くと単調な日の丸構図になってしまうことが増えてしまいます。

そこで被写体を中心に置いた状態で親指AFを使ってピントを合わせて、それから構図を変えることで簡単に構図を調整できるようになります。

構図を微調整したいときに一回一回ピントを合わせてたら大変ですよね。

親指AFを使うことで一度被写体にピントを合わせてしまえば構図を変えても被写体にピントを合わせた状態で何度でも撮影することができます。

置きピン撮影が簡単になる

水しぶきと犬の写真

置きピンはあらかじめピントを合わせておいて被写体が来た瞬間に撮影することで動いている被写体にもピントをしっかり合わせて撮影するテクニックの1つです。

親指フォーカスを使って事前に被写体が来る場所にピントを合わせておけば撮影するときにもたつく心配もなくなります。

置きピンについてはこちらで詳しく紹介しています。

置きピンを使って動いてる被写体を確実に捉えよう!ピントを確実に合わせる撮影テクニックを紹介
動いている被写体にうまくピントが合わせられずにちゃんと写真が撮れなかった、という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか? 運動会や飛んでいる鳥、動物や電車などの走っている被写体を撮る機会も多いと思いますが、動いている被写体を...

オートブラケット撮影でピントが変わらない

オートブラケットは事前に決めた設定(露出補正やホワイトバランスなど)を撮影するたびに自動で変更してくれる機能のことです。

1枚目は通常、2枚目は明るさ+1、3枚目は明るさ-1など自分で設定を変えずに自動で変えてくれるのでHDR合成などにもよく使われます。

しかし、撮影のたびにピントがずれてしまうとうまく合成できなくなってしまいます。

そこで親指フォーカスを使って撮影することでピント位置を変えずに確実に撮影することができます。

オートブラケットとは?設定変更の手間がなくなる便利な機能で撮影の失敗を減らそう!
逆光での撮影や太陽の光が当たっている部分と影になっている部分があるなどコントラストが強い場所での撮影では写真の明るさが安定せず思い通りの明るさで撮れないことがよくあります。 また、望遠レンズで撮影すると被写界深度が浅くなるのでピントが...

比較明合成やタイムラプス撮影でマニュアルフォーカスにしなくても大丈夫

比較明合成やタイムラプスを使用する場合はマニュアルフォーカスで撮影することも多いですが、花火など明るい被写体ではオートフォーカスを使用することで確実にピントを合わせることができます。

半押しAFでは撮影のたびにピントを合わせようとするためうまく撮影できませんが親指AFで最初にピントを合わせておけば、あとはシャッターを切るだけでOKです。

レンズやカメラの設定でマニュアルフォーカスにしたりする必要がなくなるので注意しましょう。
比較明合成(コンポジット)とは?普段は見られない幻想的な写真の撮り方!
上のような写真を見たことがある方も多いと思いますが、この写真は単純に長時間露出撮影で撮られたものではなく、比較明合成を活用して撮影された写真かもしれません。 比較明合成(コンポジット)と聞いてもどのような撮影方法なのかピンとこない方が...

親指AFのデメリット

親指AFにはあまりデメリットはありませんが念のため注意しておくポイントを紹介しておきます。

他人に貸したり撮ってもらうときには要注意

一眼レフを使ってない人や始めたばかりは親指AFを知らない人も多いので親指AFに設定している場合、他の人に貸すときには十分注意しましょう。

ピントの合っていない写真が量産されてしまうかもしれません。

親指AFの設定

メニュー画面からAF-LやAE/AFロックなどオートフォーカスの設定を変更することで設定することができます。

ミラーレスなどには割り当てるボタンがない場合は残念ながら使用することができません。

ニコンの一部機種の変更方法

ニコンの一部機種の変更方法を紹介していきます。ニコンのカメラのAFボタンは「AF-L」「AE-L」と記載されています。

半押しシャッターをOFFにする

メニューの「オートフォーカス」設定項目から「半押しAFレンズ駆動」を「OFF」を選びます。

これで半押しシャッターがオフになります。

AFボタンでピントを合わせる

メニューの「操作」設定項目から「AE/AFロックボタンの機能」の「動作」を「AF-ON」に変更します。

これでAFボタンを押すことでAFを作動させることができます。

キヤノンの一部機種の変更方法

キヤノンのカメラは「AF-ON」「※」マークのボタンに割り当てることができます。

AF-ONの場合

半押しシャッターをOFFにする:メニューの「カスタム機能」から「操作ボタンカスタマイズ」に入り「シャッターボタン半押し」を「測光のみ」に変更します。

AFボタンでピントを合わせる:半押しの設定を変更した場所で「AF-ONボタン」の項目が「測光+AF」にしましょう。

※の場合

メニューの「カスタム機能」の「シャッターボタン/AEロックボタン」を「AE/AF」に変更します。

親指AF以外に設定すべき項目

 

親指AFを使うときにより使いやすく便利な設定を紹介していきます。

設定内容は好みもあるので自由に設定しましょう。

撮影後の写真確認をOFFにしよう

Nikonのカメラでは撮影後に撮った写真が表示されるのですぐに確認することができるので便利です。

しかし、写真を確認中に親指AFに使うAFボタンを押すと写真が保護(削除できないようにロック)されるので撮影に戻ることができません。

親指AFで連続でピントを変えながら撮影するときには写真確認をOFFにしておくことで楽に撮影することができます。

写真が写っているときからシャッターボタン半押しで撮影モードに戻ることができます。

フォーカスモードを「追従」にしよう

フォーカスモードを動きのある被写体に追従させる「AF-C(コンティニュアスAF)」「AIサーボAF」にすることでさらに自由度の高い撮影ができるようになります。

  • 親指AFを押すとピントを合わせる
  • 親指AFを離すとピントを固定
  • 親指AFを押し続けると動いている間ピントを追従

フォーカスモードについてはこちらで詳しく紹介しています。

ピント合わせが劇的に簡単になる!オートフォーカスの動作設定とフォーカスモード
写真を撮るときのピント合わせに苦労している人も多いのではないでしょうか。 動かない被写体であればゆっくりピントを合わせることもできますが動いている被写体にピントを合わせるのは難しいですよね。 そこで今回はオートフォーカスの種類とどん...

まとめ

親指AFは普段の撮影でも置きピンなどを使う特別な場面でも様々な場面で使うことができます。

プロのカメラマンもよく使うと言われている機能なので是非試してみてください!

撮影がより簡単により速く撮れるようになるのでシャッターチャンスを逃しにくくなります!

撮影テクニックの基本

もっと見る

コメント