初心者でもすぐわかる!デジタルカメラの種類とそれぞれのメリット・デメリット

キヤノンのカメラとレンズが並べられている写真 カメラ

一眼レフやミラーレス、最近では高級コンデジと呼ばれる様々な機能を持ったものまで出てきています。

スマホの登場でデジカメを持つ人も少なくなってきているかもしれませんが、今回はカメラの種類とどのような違いがあるのかについて紹介していきます。

それでは早速どのような種類があるのかメリットやデメリット、特長も合わせて解説していきます。

カメラの種類と構造

カメラは分け方によって様々な種類がありますが、今販売しているカメラにはフィルムに光を写す「フィルムカメラ」と電子データに光を写す「デジタルカメラ」の2種類に分けられます。

その中でも今回はデジタルカメラについて紹介していきます。

デジタルカメラは大きく分けて「デジタル一眼レフカメラ」「ミラーレス一眼カメラ」「コンパクトデジカメ」「携帯電話内蔵カメラ」の4つがあります。

それぞれの特長と構造をまとめました。

デジタル一眼レフカメラ

一眼レフの正面からの写真

デジタル一眼レフカメラは、中に鏡を使用したレンズ交換式のデジタルカメラです。一眼レフ、デジイチなどとも呼ばれます。

一眼レフの「一眼」は1つのレンズ、「レフ」は反射するという意味のレフレックス[reflex]からきています。

一眼レフはカメラ内部に鏡を持っていて光を反射させることでファインダーから写す景色を見ることができます。

フィルムに光を写すためのレンズと景色を見るためのレンズの2つのレンズを持ったカメラがあり、そのようなカメラを二眼カメラや二眼レフカメラと呼んでいます。

目で見た景色のまま撮影することができますが、その分大きく、重くなりやすいカメラです。

その分、イメージセンサーが大きく高画質な撮影ができる機種が非常に多いです。

構造について詳しく紹介していきます。

一眼レフの構造

一眼レフの構造イメージ

一眼レフの構造は鏡を使って光を反射させることによって、一つのレンズでファインダー(のぞき窓)に光を送ったり、イメージセンサーに光を送って撮影を行うことができます。

シャッターを切る時に鏡が跳ね上がることでイメージセンサーに光を送っているので撮影中はファインダーから景色を見ることはできなくなります。

ミラーレス一眼カメラ

机に置かれたミラーレス

ミラーレス一眼カメラは、ミラーを使わないレンズ交換式のデジタルカメラです。ノンレフレックスカメラとも呼ばれます。

「ミラーレス」という言葉の通り、鏡をなくしたタイプのカメラで、ミラーレス一眼レフカメラではないので注意しましょう。

一眼レフのように光を反射させることがないので鏡やペンタプリズムも必要なくコンパクトにできます。

ミラーレスの構造

ミラーレスの構造イメージ

ミラーレスの構造は一眼レフに比べて鏡がない分、シンプルな構造になっており一眼レフに比べてコンパクトで持ち運びやすくなっています。

機種の中にはファインダーがついているものもありますが鏡に反射する光を見ているわけではなく電子ファインダーを通した液晶画面を見ているような形になります。

光が常にイメージセンサーにあたっているので電池寿命が短い機種が多いです。

コンパクトデジタルカメラ

コンパクトデジカメの写真

コンパクトデジタルカメラとは、レンズ交換ができないレンズ一体型のコンパクトなデジタルカメラです。コンデジと略されることが多いです。

レンズ交換ができない代わりに非常にコンパクトで持ち運びやすい設計になっています。

一眼レフやミラーレスのような超高画質な撮影や様々な機能を持った高級コンデジと呼ばれるカメラもありますが、基本的にはリーズナブルで手軽にカメラを楽しめます。

コンデジの構造

コンパクトデジタルカメラの構造イメージ

コンデジはミラーレスに似たシンプルな構造となっていて、レンズ交換用のマウントもないの非常にコンパクトです。

最近のモデルは右のような電子ファインダーを用いたものが主流になっており、左のような窓を単純に通すタイプは無くなってきているようです。

窓を通すタイプは撮影される写真と窓をのぞいてみている景色に違いがでるので撮影が難しくなります。

携帯電話内蔵カメラ(スマホ)

切り株に置かれたスマホ

携帯電話内臓カメラは、携帯電話、スマホに内蔵されているタイプのカメラです。カメラモジュールという指先程度のサイズのカメラが使用されています。

非常に便利で最近では性能も年々良くなってきています。ただし、カメラの眼であるイメージセンサーのサイズが小さくなるので一部の撮影は難しい場合もあります。

スマホカメラの構造

スマホカメラの構造イメージ

非常にコンパクトにまとまった構造をしていて厚さ1cmもないスマホに取り付けることができます。

シャッターは一眼やミラーレスのように物理的なシャッターがあるわけではなく、電子シャッターと呼ばれる電気的にシャッターが切れるものを採用していることが多いです。

電子シャッターはコンパクトにできるため便利ですが、動きの速いもの撮るときに歪んでしまうなどの影響もあります。

それぞれのカメラの特長

それぞれの特長について簡単にまとめました。

メリットは青字、デメリットは赤字で示しています。

デジタル一眼レフカメラ

最大の特徴はレンズの交換が可能で、絞り値やシャッタースピード、ホワイトバランスなど様々な設定が自由にできます。

星空、スポーツ、水の流れ等基本的にはどんなものでもきれいに撮影することが可能です。

色々撮りたい方、本格的にカメラを始めたい方、写真にこだわりたい方におすすめのカメラです。

メリット

  • 画質やオートフォーカスの速さ等、性能面で非常に優れている
  • レンズ交換ができるため様々な撮り方を楽しめる
  • 絞り値やシャッタースピードなどの設定が自由にできるため様々な表現ができる

デメリット

  • 他のカメラに比べて大きく重いため持ち運びが大変
  • 比較的値段が高い
  • 使いこなすには知識や経験が必要

ミラーレス一眼カメラ

最大の特長は、一眼レフのようにあらゆる場面に対応して撮影できることに加え、コンパクト化、軽量化に成功しています。

カメラ女子という言葉が広まっているように、ミラーレス一眼の登場で女性の方でも気軽に写真撮影が楽しめるようになってきています。

あまり重いものは持ち歩きたくないという方、カメラを始めてみたい方におすすめのカメラです。

メリット

  • 一眼レフよりもコンパクトで持ち運びが簡単
  • レンズ交換ができるため様々な撮り方を楽しめる
  • 絞り値やシャッタースピードなどの設定が自由にできるため様々な表現ができる

デメリット

  • 年々性能は向上しているが一眼レフよりも性能面で多少劣る
  • アクセサリやレンズの種類がまだまだ少ない
  • バッテリーの持ちが悪い場合が多い

コンパクトデジタルカメラ

最大の特長はコンパクトで持ち運びが非常に楽なところです。

一眼レフの重さが1000g程度(レンズ込)、ミラーレスの重さが700g程度(レンズ込)に対してコンデジは300g程度と非常に軽いです。

また、防水防塵など様々な機能を備えたものもあります。一眼レフのような撮影もできる高級モデルも増えてきています。

コンデジの中には一部の限定的な用途で楽しめるカメラや一眼レフやミラーレスにはあまりない独特な機能を持ったカメラもあります。

きれいな写真は撮りたいが重いものは持ち歩きたくない方、限定的な用途で使用を考えている方におすすめのカメラです。

メリット

  • コンパクトで軽く持ち運びが簡単
  • 安価でシンプルなものから高機能のものなど製品の幅が広い
  • 初心者の方でも使いやすい

デメリット

  • 性能面でレンズ交換式カメラよりも劣る
  • レンズの交換ができない
  • 設定できる項目が少ないため撮影の自由度が低い

小型内蔵カメラ(スマホ)

最大の特徴は、やはり非常に手軽に撮影を楽しむことができる点です。

携帯を持っている方なら新たに買う必要もありませんし、年々カメラの性能も向上しているため新たにデジタルカメラを買う必要はないと考える方も多いのではないでしょうか。

カメラ機能に力を入れている機種もあるので機種変更の際に考えてみてはいかがでしょうか。

メリット

  • 非常に手軽に撮影ができる
  • 基本的に新たに買う必要がない
  • 写真の管理が簡単

デメリット

  • 設定できる項目が少ないため撮影の自由度が低い
  • レンズの交換ができない
  • カメラ以外でも使うので充電切れの心配がある

特徴のまとめ

簡単に表にまとめましたので種類別の特徴について比較してみてください。

メリット
デメリット
一眼レフカメラ
・画質や性能面で優れている
・レンズ交換ができる
・オールラウンドに撮影可能
・大きく重いため持ち運びが大変
・比較的値段が高い
・使いこなすのが大変
ミラーレス一眼カメラ
・コンパクトで持ち運びが簡単
・レンズ交換ができる
・オールラウンドに撮影可能
・一眼レフよりも性能面で多少劣る
・レンズ・アクセサリの種類が少ない
・バッテリーが持たない
コンパクトデジタルカメラ
・コンパクトで持ち運びが簡単
・製品の幅が広い
・初心者の方でも使いやすい
・オートフォーカスが遅い
・レンズの交換ができない
・設定できる項目が少ないため自由度が低い
携帯内臓カメラ
・非常に手軽に撮影ができる
・基本的に新たに買う必要がない
・写真の管理が簡単
・設定できる項目が少なく自由度が低い
・レンズの交換ができない
・カメラ以外でも使うので充電切れの心配が多い

比べてみよう

機種によっても様々で一概には比較がしにくいですが、大体どれくらいなのか確認していきましょう。

重さの違い

同じ機種でも軽いものと重いものは大きく違うこともありますが、だいたい大きくて重い順にすると以下のようになります。

一眼レフ>ミラーレス>コンデジ>スマホ

それではどれくらい違うのか具体的に比べてみましょう。

デジタル一眼レフカメラ
ミラーレス一眼レフカメラ
コンパクトデジタルカメラ
携帯内臓カメラ(本体)
重さ(最少~最大)
約650~1700g
約270~1000g
約120~1100g
約110~200g
目安の重さ(平均)
約1000g
約700g
約250g
約150g
※レンズ(小さめのレンズ)込みの重さの目安ですがレンズの種類によっても重さは異なります。

このように持ち運びやすさに関しては圧倒的にスマホやコンデジに軍配が上がります。

持ち運びやすさはカメラを使っていくうえで非常に重要な要素になりますので、必ず確認するようにしましょう。

価格の違い

金額については気になっている方も多いと思います。一般的に高い順に並べると下のようになります。

一眼レフ>=ミラーレス>=コンデジ>スマホ

デジタルカメラの金額は機種よりもイメージセンサーのサイズが特に関係していてサイズが大きくなればなるほど高くなります。

一眼レフのイメージセンサーサイズはスマホの50倍!?センサーサイズを比較しよう
イメージセンサー(撮像素子)は写真の画質を決めるうえで最も重要な部品で、カメラの「眼」とも言える部品です。 画質はイメージセンサーのサイズだけでは決まりませんが、重要な要素の一つなので是非参考にしてみてください。 一眼レフ、ミラーレス、...

同じセンサーサイズだと一眼レフとミラーレスはおおよそ同じくらいの値段ですが、コンデジも高いものだと一眼レフよりも高いものが出てきます。具体的に比較してみましょう。

デジタル一眼レフカメラ
ミラーレス一眼レフカメラ
コンパクトデジタルカメラ
値段(最少~最高)
約35,000~1,300,000円
約25,000~950,000円
約8,000~580,000円
製品が多い価格帯
(エントリーモデル)
約50,000~80,000円約40,000~70,000円
約10,000~40,000円
※レンズ込の値段ですが価格は状況によって変わりますので目安とお考えください。

一眼レフでも比較的安いものはレンズ付きで5万円程度で買えるものもあります。

逆にコンデジでも高級モデルは十数万するものもたくさんあります。購入を考える際はしっかりと調べて自分に合ったものを選ぶことが大切ですね。

一眼レフ・ミラーレスの魅力

最後に一眼レフやミラーレスの魅力をちょっとだけ紹介します。

普段の撮影はもちろんスマホでの撮影が難しい被写体も撮影することができちゃいます。

レンズの交換で広がる世界

レンズを変えることによって同じ被写体でも全く別の世界に変わってしまいます。

そんな楽しさが味わえるのも一眼レフ、ミラーレスならではです。

広角レンズ

広角レンズで撮った都会のビル

マクロレンズ

青い花の上に乗った1粒の水滴をマクロレンズで撮影した写真

設定変更で広がる世界

一眼レフやミラーレスでは被写体や環境に合わせて適切に設定を変更することで、様々な写真を撮ることができます。

それに対し、コンデジやスマホでは設定できる項目が少なく夜間の撮影や流れる滝、動きの速いものをキレイに撮影することが難しくなります。

星空

雪山の上空に広がる天の川と流れ星の写真

水の流れ

川の流れを長時間露出で撮影した写真

まとめ

①一眼レフ:レンズ交換式のデジタルカメラ
②ミラーレス:コンパクトなレンズ交換式のデジタルカメラ
③コンデジ:レンズと一体型のカメラ
④携帯内臓カメラ:携帯電話、スマホなどに内蔵されているカメラ

それぞれのデジタルカメラの特長がわかってもらえたでしょうか。

使用目的によっても向いているカメラも向いていないカメラもあります。是非自分に合ったカメラを見つけてください。

カメラ・レンズ・アクセサリの基本

コメント