セレクトカラーとは?一部の色だけを残して印象的な写真に仕上げよう!使い方やアプリも紹介

花瓶に入ったバラのセレクトカラー カメラ

色鮮やかな景色も楽しいですが、モノクロ撮影にも独特のおもしろさがあります。その両方のおもしろさを取り入れることができる機能がデジタルカメラには搭載されています。

Nikonでは「セレクトカラー」「カラーセレクト」、Canonでは「ワンポイントカラー」、OLYMPUSやSONYでは「色抽出」「パートカラー」などの名前の機能です。

今回はこの機能がどのような機能なのか、使い方などを紹介していきます。

ちなみにモノクロ撮影の魅力についてはこちらで紹介しています。

不思議な魅力モノクロ写真の世界に挑戦しよう!モノクロ写真の撮り方と特長とは
技術の進化も進んでフルカラーが当たり前になっているのでモノクロ写真を積極的に撮っている人は少ないかもしれません。 しかし、モノクロ写真はカラー写真にはない魅力がたくさんあります。普段はモノクロ写真を全然撮っていない人にも挑戦してみて欲...

セレクトカラーとは?

スノーボードのズボンセレクトカラー

セレクトカラーは選んだ場所や選んだ色以外がモノクロ(白黒)になる機能です。

機種によって機能は多少変わりますが色を残す場所や残す色の数、範囲も選べるので自分の思い通りに残すことができます。

部分的に目立たせたいときや特徴的な写真にしたいときなどに使ってみるとおもしろいです。

モノクロにすることでコントラスト(明暗の差)を変えやすくなるので失敗した、と思った写真も良い写真に蘇らせることができるかもしれません。

セレクトカラーの機能の違い

一部だけに色を付けてそれ以外を白黒にするのは同じですが、メーカーによって機能が少し違います。

特定の色だけを残す

紫のチューリップセレクトカラー

青や赤、黄色など写真に写っている特定の色だけを抽出することができる機能です。

上の写真では「紫」だけを残して他の色がモノクロになっています。他にも紫色のものが写真に写っている場合、その部分にも色が残ってしまうので注意しましょう。

場所を選択する必要がないため、お花畑など色を残したい場所が多い場合は手間もかからず簡単にセレクトカラーを楽しむことができます。

Nikonのカメラのセレクトカラー機能などは特定の色を残す機能になっています。複数の色を残すこともできるためおもしろい表現を楽しむことができます。

特定の部分の色を残す

一輪のバラのセレクトカラー

特定の場所だけ残すことができる機能で、色の数や写真に写る他の被写体の影響もないメリットがあります。

上の写真では1本のバラだけは茎から花まで色が残っていますが、他のバラはすべてモノクロになっています。

場所の指定が必要なため多少手間はかかってしまいますより自由度の高いセレクトカラーを楽しむことができます。

OLYMPUSのPEN E-PL7などではこのような機能も使うことができます。

セレクトカラー写真の作り方

カメラの機能で撮影と同時にセレクトカラー写真にするか、普通に撮影したあとに編集してセレクトカラー写真にするかの2つの方法があります。

セレクトカラーモードで撮る

カメラの撮影モード

メーカーによって呼び方は違いますがEFFECTモードやアートフィルターといった機能の中に、セレクトカラーやパートカラーといった名称の機能があります。

画面上で色の選択などを行うことができます。そのとき、液晶画面に撮影後イメージが表示されるので感覚的に撮影を楽しむことができます。

一眼レフでもこの機能が楽しめますが、液晶に被写体を表示する「ライブビュー」にする必要があるので気を付けてください。

設定方法については各メーカー、各機種によって違いがあるので公式サイトもしくは説明書を確認してみてください。

ニコンのカメラでは以下のサイトで説明がまとまっているので確認してみてください。

Nikonの設定方法

D5300|デジチューター - サポート | ニコンイメージング
ニコンデジタル一眼レフカメラ「D5300」の機能&#1...

編集ソフト・アプリを使う

パソコンのソフト編集

撮影後に編集でセレクトカラーを楽しむこともできます。

ソフトやカメラの機能、スマホアプリを紹介していきます。

カメラの機能

パートカラー、セレクトカラー撮影が搭載されているカメラのほとんどには通常撮影後でも一部の色だけを残す機能が付いています。

画像の編集画面からセレクトカラーや色抽出を選んで撮影のときと同じように操作をすれば変更できます。

編集ソフト

ソフトを使うことによってセレクトカラー機能がないカメラやスマホで撮った写真でも楽しむことができます。オススメの編集ソフトは『GIMP』という無料ソフトです。

無料ですが有料のPhotoshopに並ぶと言われるくらい機能が入っている画像編集ソフトです。

様々な機能が入っているので少し慣れが必要ですが日本語にも対応しているのでおすすめです。
GIMP
GIMP - The GNU Image Manipulation Program: The Free and Open Source Image Editor

アプリ

①特定の部分の色を残すなら「colorful」がおすすめです。

日本語対応しており機能もシンプルなため初めての方でもすぐに使うことができます。(特定の色だけ残す機能はありません)

Colorful-白黒やモザイク、セピアで無料の画像編集できるカメラアプリ!

Colorful-白黒やモザイク、セピアで無料の画像編集できるカメラアプリ!

Fineseed無料posted withアプリーチ

 

②特定の色だけを残すなら「picsart」で細かく設定することができます。

『エフェクト』の『カラー』から色を選べば特定の色だけを残すことができます。

ただ、登録が必要なのと広告がたくさん出るのがネックです。

PicsArt 写真&動画エディター

PicsArt 写真&動画エディター

PicsArt, Inc.無料posted withアプリーチ

 

まとめ

一部の色だけを取り出すことで特徴的な写真に変身させることができます。

曇りの日はあまり良い写真が撮れないと思っている方もいるかもしれませんが、こういう機能を使うことでおもしろい写真がとれるかもしれません。

アプリでも簡単に変種できるので是非試してみてください!

撮影テクニックの基本

もっと見る

コメント