ヒストグラムとは?初心者でも簡単!写真の明るさをイメージ通りに変えよう!

ヒストグラムを見ながら編集している様子のソフトのスクリーンショット カメラ

写真のRAW現像や編集ソフトを使った編集のときにヒストグラムと呼ばれるグラフを見たことはないでしょうか?

ヒストグラムを知っていると現像や編集がしやすくなるので普段からよく編集ソフトなどを使ってる人は是非知っておきましょう!

ヒストグラムとは?

ヒストグラムの種類の説明図

ヒストグラムは写真の明暗や色を画像データからグラフにした写真全体の傾向を確認できるものです。

ヒストグラムには明度(輝度)とRGB(3色の色味)の分布を見ることができます。

明度(輝度)

明度のヒストグラムは写真の明るさの分布を見ることができます。

明るい部分が多いのか暗い部分が多いのかコントラストが強いのか弱いのかひと目で確認することができます

RGB

RGBは光の三原色であるRGBそれぞれの色の鮮やかさ(明るさ)の分布を見ることができます。

色の変化が滑らかに表現できているかを示す階調やホワイトバランスの傾向を確認することができます。

なぜヒストグラムが便利なの?

パソコンやスマホの画面ではバックライトの明るさや液晶モニタの性能などによって同じ写真でも同じように見えない場合があります。

そのため、写真を撮った直後は良い写真が撮れた!と思っても別のモニターで見ると印象が全く変わってしまうことがあります。

ヒストグラムは一定の基準をで写真の傾向を判断できるので失敗を減らすことができます。

ヒストグラムの見方

ヒストグラムの意味を伝えるための説明図

ヒストグラムは明度もRGBも横軸は明るさ(鮮やかさ)、縦軸はピクセルの数を表しています。

例えば、明るすぎて白とびしている部分が多い写真は右に偏ってしまいます。

逆に暗すぎて黒つぶれしている部分が多い写真は左に偏ってしまいます。

コントラストの大きい写真は左右に分かれて、コントラストの低い写真(HDR合成写真など)は中央に集まります。

ヒストグラムの違いを比べてみよう

ヒストグラムを変えることによってどのように印象が変わるか比べてみましょう。

同じヒストグラムでも被写体が変わると印象が変わりますが参考にしてみてください。

バランスが良い

明るさのバランスのとれた風景とヒストグラムの写真

明るすぎて真っ白になる「白とび」や暗すぎて真っ黒になる「黒つぶれ」があまりなく全体的にバランスの良い明るさになっています。

風景写真で全体をキレイに見せたいときにはこのようなヒストグラムが良いことが多いです。

撮影モードがオートの場合には基本的にこのヒストグラムに近づけるようにバランが良く撮ります。

明るい

明るさを上げた風景写真とヒストグラムの写真

明るい写真は白い部分が多くなり、「白とび」が多く出て来てしまいます。

白とびが悪いわけではありませんが、多すぎるとなんの写真かよくわからなくなってしまいます。

雪などの白い被写体を撮るとは明るい場所が多くなりこのようなヒストグラムになることが多いです。

暗い

編集で暗くした風景とヒストグラムの写真

暗い写真は黒い部分が多くなり、「黒つぶれ」が多く出てきてしまいます。

星空の撮影などでは暗い部分が多くなるのでこのようなヒストグラムになります。

黒つぶれはやこのようなヒストグラムが悪いということはありません。逆光などでシルエットを楽しむときにはこの黒つぶれを利用して撮影します。

コントラストが低い

コントラストを下げた風景とヒストグラムの写真

コントラストが低い写真は全体的に同じような明るさになるためヒストグラムでみると中心に山ができるような形になります。

編集や現像でコントラストを下げると彩度も失われるので全体的に灰色のような色調になります。

HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影などでは白とびや黒潰れが少なくなるのでこのようなヒストグラムやバランスの良いヒストグラムになります。

コントラストが高い

コントラストを上げた風景とヒストグラムの写真

コントラストが高い写真は明るい場所と暗い場所の差が大きくなるので、ヒストグラムで見ると左右に分かれているような形になります。

メリハリのあるパリッとした印象の写真に仕上げることができます。

編集や現像でコントラストを上げると彩度も高くなるので風景を撮るときにキレイに魅せることができるのでオススメです。

どのようなヒストグラムの形がいいの?

写真によるヒストグラムのイメージの違いを示した画像

結論から言うと答えはありません!

逆光などでシルエットを見せる場合にはコントラスが大きくなりますし、星空の写真を撮ればヒストグラムは左に偏った形になります。

気に入っている写真があればヒストグラムを確認して同じように撮るのもうまくなるための一つの方法です。

ヒストグラムに正解はないのでヒストグラムの形にあまりとらわれず、自分の撮りたい写真が思い通りに撮れているか、編集できているかを確認したり、RAWデータから現像するときの参考にしてみましょう。

まとめ

ヒストグラムはモニターによる写真の見え方の違いに惑わされずに明るさを確認することができます。

グラフの縦軸がピクセル数で横軸が明るさを表しています。大体の形を覚えておくことでどのような明るさの写真なのかすぐに確認することができます。

見方を知っておくと撮った写真の確認やRAW現像、写真の編集がもっとやりやすくなるので覚えておきましょう。

是非活用してみてください。

カメラの基本設定・機能

コメント