棚田を撮るときのおすすめ時期と撮影テクニックを紹介!全国の絶景をキレイに収めよう

水の張られた棚田 撮り方

日本の田園風景はなんとも懐かしく思わず写真を撮ってしまいたくなるような素敵な景色が広がりますよね。

今回はそんな田園風景の中で写真家にも特に人気の高い棚田について撮影に向いている時期や時間帯、撮り方について紹介していきます。

初夏から秋にかけて撮影できる素敵な日本の風景をぜひ撮りに行きましょう!

棚田とは?

棚田は傾斜のある土地で耕作場所を確保するために水平にした田んぼを段々にしている稲作地のことです。「千枚田(せんまいだ)」とも呼ばれています。

日本全国で見ることができ、1999年には農林水産省が全国117市町村・134地区の棚田から「日本の棚田百選」も発表されています。

アマチュアからプロまで様々な人が撮影を楽しんでおり、人気の撮影スポットでは100台以上カメラが並ぶこともあるんだとか。

他の人の土地を撮影することになるので撮影に当たってはマナーを守ってみんなが気持ちよく撮影できるように心がけましょう。

実例から学ぶ写真撮影のマナー集!トラブルを回避して気持ちよく撮影しましょう
昨今、外国人観光客も増えておりニュースやTwitterなどのSNSを騒がせているマナー違反ですが、今回は写真撮影に伴うマナーをご紹介していきます。 写真撮影に夢中になっていると気付かないうちに周りの人に迷惑をかけてしまったりマナー違反...

棚田撮影のおすすめの時期・時間帯

棚田も稲刈りが終わった後ではあまり素敵な風景を楽しめないのでオススメの時期や時間帯を紹介していきます。

水が張られる5月下旬〜6月頃から

田植え後水が張られた田んぼ

お米はざっくりですが下の表でまとめた工程でつくられます。地域によって時期は多少変わりますがおおよその目安で5月下旬~6月ごろに田んぼに水が張られます。

田植えの段階でも水は少し張られますが、土がでるくらいの水量になるので4月~5月ごろの棚田はまだ少し早いです。

水の管理でしっかりと水が張られるタイミングが棚田の見頃になります。

田んぼの管理の仕方や地域によっても少し変わりますが水が張られるタイミングに合わせて撮影してみると素敵な写真が撮れる可能性大です。

工程
時期
備考
苗を育てる
3月~4月
ビニールハウスなどで約1ヶ月かけて育てます
代かき
4月~5月
田植えの準備工程で土を砕いて良い状態にします
田植え
4月~5月
等間隔で苗を田んぼに植えていきます
水の管理
6月~7月
田んぼに水を張って苗を寒さから守ります
稲刈り
9月~10月
成長した稲を刈り取っていきます

金色の稲穂が楽しめる9〜10月前

収穫直前の棚田

お米の収穫時期は9月~10月ごろになるので収穫直前の金色に輝く棚田を楽しむことができます。

収穫時期の金色と夕焼けはノスタルジックな雰囲気のある素敵な写真に仕上がります。

ちなみに、沖縄では二期作と呼ばれる1年間に2回収穫する作り方をしている農家もあり、収穫の時期は5月末と10月末なんだそうです。

真夏の太陽といっしょに

田んぼの青々とした深緑の稲

青い空、白い雲の中、苗が成長してきて深緑の緑とともに田園風景、棚田を楽しむのもオススメです。

10時~12時ごろの午前中から昼時を狙うとホワイトバランスが崩れることもないのでオススメです

夕焼けを楽しむ

夕焼けの棚田

夕方のあたり一面が真っ赤に染まるタイミングも素敵な写真を撮るチャンスです。

夕焼けを撮るときにはホワイトバランスを「曇天」「晴天日陰」にするとよりイメージに近くて印象的な写真に仕上げることができます。

夕焼けの撮り方はこちらで紹介しているので合わせて確認してみてください。
真っ赤な夕焼けをイメージ通りに撮ろう!キレイにみられる条件とは?天気予報もできる!?
朝焼け夕焼けの空が真っ赤に染まったきれいな景色は写真に残しておきたいですよね!特に海岸沿いの夕焼けや山の上からの朝焼けなど景色が開ける場所では特に感動します。 そんな素晴らしい景色を写真に記憶通りにイメージ通りに写すための方法をご紹介して...

マジックアワーの幻想的な世界

日没後のランタンがともった棚田

日没前後の限られた時間は赤からピンク、金色、紫、青など刻一刻と色が変わってくる不思議な時間帯です。

棚田撮影でも特に人気な時間帯なので日没の時間を事前に調べて撮影に臨みましょう。

6月から日も伸びてくるので帰りが遅くなってしまうことにも注意したいですね。

日没前後に楽しめる自然現象はこちらでまとめています。

日の出や日の入り前後の美しい自然現象7選!普段は見られない色鮮やかな写真を撮ろう!
太陽の光は写真を撮るときに非常に大きな影響を与えます。時間帯や天候によって様々な色に染める太陽の光が楽しめます。 今回は日の出、日の入り前後の色鮮やかな現象やをいくつかご紹介していきます。 朝焼け、夕焼け 皆さんご存知のとおり日の...

棚田を撮るときのポイント

棚田を撮影するときのワンポイントを紹介していきます。

比較的簡単に撮ることができる被写体ですがそこで一工夫入れることでより素敵な写真に仕上げることができます。

夕焼けはハーフNDフィルターを使おう

棚田撮影で人気の高い夕焼けや日没前後のマジックアワーで撮影するときは太陽も一緒に写すことも多いと思います。

普通に撮ってしまうと太陽の明るさに合わせて棚田も暗くなってしまうなど明るさのバランスがあまり良くない写真になってしまいます。

そこでハーフNDフィルターを使うことで写真全体の明るさのバランスが非常によくなるのでオススメです。

ハーフNDフィルターを使うときは太陽が写る部分を減光するようにセットしましょう。

リフレクションを狙おう

水の張った田んぼを撮るときには水面に反射した景色もしっかりと写せるようにリフレクションを意識して撮ってみましょう。

このとき、PLフィルターで反射光を取り除いてしまうとうまく撮影できないのでPLフィルターは使わないか他の反射光が取り除かれてないか注意しましょう。

田んぼに空の色が写り込むのでさらに幻想的な写真になります。リフレクションについてはこちらで詳しく紹介しています。
水の反射を利用した「リフレクション」で幻想的な写真を撮ろう!水鏡撮影の11個のポイント
池や湖など水面に反射した景色わ鏡に写したような幻想的で素敵な景色を楽しむことができます。 南米にあるボリビアのウユニ塩湖は雨が流れずに薄く膜を張るため水面に反射する絶景が有名です。 人生で一度は訪れてみたいですよね! 今回はそんな、リ...
偏光フィルターの効果と使い方は?選び方とオススメのPLフィルターを紹介!
動物園や水族館で撮影するときに自分や他の人が窓ガラスに反射して写真に写り込んでしまうという経験をされている人も多いと思います。 また、光が反射してしまって一部だけ白くなってしまうことも良くありますよね。 今回は、そんな悩みを解決してくれ...

ホワイトバランスを設定しよう

ホワイトバランスは写真全体の色味を変える設定です。

深緑をクールに見せたいときには「蛍光灯」、やわらかでノスタルジックな印象にしたいときには「曇天」などを選ぶとより強調されます。

特に夕方やマジックアワーのタイミングで撮影するときはホワイトバランスも考えて撮影するようにしましょう。

まとめ

棚田は初夏~秋にかけて撮影が楽しめる被写体ですが、特に6月ごろや9月ごろに撮影するのがおすすめです。

夏が嫌いな方もいるかと思いますが今年の夏は是非全国の有名な棚田のある絶景を撮影してみてはいかがでしょうか。

素敵な写真とすばらしい景色にきっと出会えます!

コメント