コスモス(秋桜)を印象的に写す6つのポイント!秋の風物詩を可愛く写そう

様々な色のコスモス 撮り方

春は桜、夏はひまわりなどを思いうかべる人が多いと思いますが、秋の花と言えば何が出てくるでしょうか。

「秋桜(アキザクラ)」という漢字と呼び名が使われているように、コスモスは秋の花の中でも特に人気が高く、秋の花の代表として紹介されていることも多いです。

暑かった夏も終わって涼しい風が身体を吹き抜ける季節に様々な鮮やかで優しい色合いの花を咲かせる魅力的な花ですよね。

今回はコスモスの花の撮り方や見頃について紹介していきます。

コスモスの基本情報

コスモスの原産国はメキシコがで日本には1879年に持ち込まれたようです。

ピンクや白、赤、黄など様々な色で花びらの枚数が8枚の可愛らしい花を咲かせます。

頑丈な植物で土壌のあまり良くない場所でもしっかりと成長して最大で高さ3mほどにもなります。

高さを短くしたいときには植える時期を少し遅らせるとちょうど背の高さと同じくらいになるので観賞にちょうどよくなるようです。

コスモスの開花時期と見頃

コスモスの開花時期は種類にもよりますが早い品種で6月頃~、通常は10月、11月頃に開花と見頃を迎えます。

最近で品種改良なども進み、花びらも八重桜のようなものが出てきたり、6月など早い時期から楽しむことができるものも増えてきています。

おおよその分け方は、7月や8月に咲かせるコスモスを「夏咲き」、9月頃咲くのを「早咲き」、10月~11月頃咲くのは「秋咲き」と区別します。

日本で一般的にみられるコスモスの多くは早咲きと秋咲きが多いので、コスモスの見頃は例年9月~11月頃が見ごろとなります。

コスモスの豆知識

コスモスの花言葉は「調和」「乙女の純真」で色によっても「愛情」や「優美」「純潔」など素敵な花言葉が揃っています。

ただし、茶色いコスモスは「恋の終わり」を表しているので注意しましょう。

コスモスの種類にはチョコレートコスモスという種類のコスモスもあり、花の香りがチョコレートという不思議な品種もあります。

ちなみに、秋桜という感じは、さだまさしが作詞作曲した『秋桜』で初めて使われて、それ以降一般的に使われるようになりました。

コスモスの撮影ポイント

それではコスモスの撮影ポイント7つを紹介していきます。

背が高くて、たくさんの花を咲かせるコスモスですが、1つ1つの花は大きいわけではないので工夫して撮っていきましょう。

ボケを使って優しくみせよう

コスモスのようなピンクや白といった淡い色と可愛らしい見た目の花はボケを取り入れて優しく魅せるテクニックと相性抜群です。

ボケを取り入れるときのポイントと方法を紹介していきます。

前ボケを取り入れよう

前ボケを使った白とピンクのコスモス

ボケやすさは、「絞り」「被写体との距離」「焦点距離」の3つで決まります。

被写体との距離と焦点距離は構図を決めるとあまり変えることができないことも多いのでボケさせたいときにはなるべく絞りを開放して撮影するようにしましょう。

ボケはピントを合わせている場所から離れるほど強くなるので奥にも手前にも現れます。

コスモスは同じ場所にたくさん花を咲かせるので手前のコスモスにピントを合わせずに、花と花のすきまから奥にある花を写すと前ボケをキレイに使うことができます。

焦点距離が長めの中望遠レンズや望遠レンズを使うとさらに表現しやすくなるのでぜひ試してみてください。

広角レンズやスマホなどではボケをきれいに表現できないので注意しましょう。
ボケをキレイに魅せる3つのポイント!ボケに合った被写体は?被写界深度が変わる理由
撮影に慣れてくるとボケをキレイに表現したり、逆にボケさせたくなかったりするときが出てくると思います。 今回は、ボケさせた写真を撮るための3つのポイントと、ボケさせない写真を撮るための3つのポイントをご紹介します。 今回紹介するポイン...

ソフトフィルターを使おう

ソフトフィルターを使って撮ったコスモス

ソフトフィルターはレンズの先端に取り付けるフィルターの一つで写真全体を優しくソフトな印象にすることができます。

よくイルミネーションなどライトアップされているところでは薄い霧がかかったような幻想的な写真に仕上げることができるので使われることも多いアクセサリです。

花の撮影でもコスモスのように可愛らしい花とは相性が抜群です。あまり高いものでもないのでぜひ1つは持っておきたいアクセサリですね。

このとき、露出補正を高めにして明るく撮ることでさらに優しい雰囲気を出すことができるのでなんだかイマイチ、というときには明るさも意識してみてください。

カメラにつけるレンズフィルター9種類!フィルター効果と使うときの注意点を紹介
レンズを守るために保護用のレンズフィルターを使っている方も多いですよね。 実はフィルターにはレンズを保護する以外にも様々な効果を持っているものがたくさんあります。 うまく使うことで普段見たり撮れたりする景色とはまた違った素敵な写真を...

彩度を上げて撮ってみよう

鮮やかな青空とコスモス

コスモスには濃いピンクや赤に近い色の花も多く見ることができますが、そんな花の特長をさらに印象付けるため彩度を上げて撮るのもおすすめです。

秋晴れの真っ青な空とのコントラストも相まってさらに色鮮やかでパリッとした印象にまとめることができます。

彩度を上げるときには。ピクチャーコントロール/スタイルや仕上がりなどの設定を「風景」「ビビッド」などにすることで彩度を上げることができます。

ただし、元から色が濃い花のサイドをさらに上げてしまうと場合によっては絵の具で塗りつぶしたような不自然な写真になってしまうので気をつけましょう。

青空を印象的に魅せたいときにはPLフィルターを使うのもオススメです。こちらもソフトフィルターと同じかそれ以上に便利なフィルターなのでぜひ活用してみてください。

使い方やおすすめはこちらで紹介しています。
偏光フィルターの効果と使い方は?選び方とオススメのPLフィルターを紹介!
動物園や水族館で撮影するときに自分や他の人が窓ガラスに反射して写真に写り込んでしまうという経験をされている人も多いと思います。 また、光が反射してしまって一部だけ白くなってしまうことも良くありますよね。 今回は、そんな悩みを解決してくれ...

逆光で独特な雰囲気にしよう

逆光で撮った白いコスモス

逆光を使って花の裏側から写すことで雰囲気の違う写真に仕上げることができます。

このときのポイントは太陽光が直接写らないように、カメラの角度を調整したり被写体と重ねて写すことです。

太陽光が入ってしまうと、明るい場所と暗い場所の明暗の差が非常に大きくなってしまい部分的な白とびや黒潰れが起きやすくなってしまいます。

太陽光を直接入れないことでコスモスと背景となる風景や青空も色鮮やかに表現することができます。

このとき、レンズの先端につけるフードをつけることで写真全体に白っぽいモヤがかかってしまう「フレア」と呼ばれる現象も抑えることができます。

逆光撮影をマスターしよう!逆光でもきれいに写すための6つのポイントとオススメの被写体を紹介
皆さんは普段の撮影で気を使っていることはなんですか?ボケ具合、色味、鮮やかさなどなど色々と考えながら撮影している人も多いと思います。 そんな中でもやっぱり一番気をつかうことが多いのは明るさだと思います。 室内と屋外で明るさが大きく変わっ...
フードを使うとこんなに違う!メリットだらけのレンズフードの効果とは?
初めてカメラを買ったり新しくレンズを買ったりしたときにレンズフードが付いてこないこともよくあるので始めたばかりだとあまり使っていない人もいるのではないでしょうか。 フードって必要なの?かさばるんじゃないの?と思ってる人や勧められたから...

マクロレンズで撮ろう

マクロレンズで撮ったピンクのコスモス

コスモス全体ではなく、花の部分にフォーカスしてマクロレンズで撮ることで全く違う世界を楽しむことができます。

普段はあまり注目しない花の中心部分も鮮明に写すことができるだけでなく、ボケも強力に出るので撮影も非常に楽しむことができます。

花びらについた水滴も繊細にディティール良く写すことができるので、雨が降っていないときには霧吹きを使って水滴をつくってあげるのも撮影の楽しさを広げるポイントです。

マクロレンズを持っていない、という方は画質はマクロレンズに劣りますがクローズアップレンズを使うのもオススメです。

レンズフィルターと同じようにレンズの先端に取り付けるだけでマクロ撮影を楽しむことができるようになります。

マクロレンズとは?マクロレンズの効果と使い方!おすすめも紹介
小さいものを写したくて接写撮影に挑戦してみたけどピントが合わなくてうまくできない、なんて経験をした方も多いのではないでしょうか。 カメラの設定をいくら変更しても小さいものを大きく写すことはなかなかできません。大きく写すためにはレンズを変え...
手軽に安くマクロ撮影が楽しめる!クローズアップレンズを使って標準レンズでマクロの世界を楽しもう!
小さい被写体でも大きく写すことができるマクロ撮影は花などを普段とは違う目線で楽しむことができる楽しい撮影方法です。 マクロ撮影は基本的にマクロレンズを使用することで楽しむことができるようになります。 しかし、カメラを始め...

見上げるように力強くみせる

対角線構図で見上げるように撮ったコスモス

コスモスは背の高さが高いと2,3mにもなり、植えられている背の低い花でも1m程度はあるので見上げるように撮ると簡単におもしろい構図で撮ることができます。

縦に長い被写体を写すときのポイントは対角線構図や三角構図を意識することです。

縦構図ももちろん良いですが、斜めに写し込むことで画面いっぱいにコスモスの花を広げて表現することができます。

また、コスモスのように小さい花がたくさんつく種類では上から見下ろすように全体を撮ってしまうと何を見せたいのかよくわからない写真になってしまいます。

必ずどのコスモスを見せたいのか明確にさせることも大事なので初めてコスモスを撮るというときには意識してみてください。

【写真25枚】基本構図10種類を紹介!構図を意識してステキな写真を撮ろう!
色々な場所に行って色々な被写体を撮っても毎回同じような写真になってしまう、と悩んでる人も多いのではないでしょうか。 センスがとびぬけてすごい人は別かもしれませんが何となくで撮っているとどうしても同じような構図で代わり映えのない写真が増...

ポートレートでコスモスを副題にしよう

コスモス畑と女性

コスモス畑の中でポートレートも秋の写真撮影ではおすすめです。

花と一緒に写すことで季節感を伝えつつ華やかで楽しさ溢れる素敵な写真に収めることができます。

コスモスのような1つ1つの花が小さい花と一緒に撮影するときには焦点距離が35mm換算で100mm程度の中望遠レンズを使うのがおすすめです。

望遠レンズの効果である圧縮効果で見た目では散漫としているコスモスの花もギュッと凝縮されて豪華で華やかに仕上がります。

ポートレートで重要なボケの表現もちょうどしやすいので、家族や恋人などポートレートを撮っていきたい!という方には中望遠レンズがおすすめです。
ポートレートの撮り方と構図の効果とは?良くある失敗と対策を紹介!
いつでもどこでも家族や友人、恋人、モデルなど人を撮る機会はたくさんありますよね。 ただ、普通に撮ってもパッとしない写真になったり、最近はスマホの性能も良くなっているのでスマホと撮ったのとあまり変わらなかったりします。 そこで、今...

まとめ

秋の花として人気の高いコスモスの花ですが一般的には9月から11月頃に見頃を迎えます。

園芸用として品種改良されているコスモスは早いもので6月頃から咲くので夏から秋に楽しめる花です。

花言葉の通り可愛らしい形と色合いからボケとの相性も良く、写真撮影にもオススメな花です。

濃い色の花には彩度を上げたりと様々な撮り方もできるので女性の方にもぜひ撮影に調整してほしい被写体ですね!

コメント